同窓会 ~世間(田舎)ではお盆の最後にある恒例のこの会~

                                 ウォーリーを探せ!さて私はいったいどこに?(笑)
d0153211_1050222.jpg

d0153211_1050172.jpg

ジッサ ベロ ゲル カントリー マンヤ 暗号と化したあだ名が飛び交う同窓会。 なつかしい呼び名だ。 すでに30数年もたっているというのに・・・。 
始めは多少緊張した感じはあるものの、次第に今の顔と当時の幼い顔の中との共通点を見つけ出し始めると一気にあふれ出すかのように懐かしい思い出がよみがえる。改めて感じるが、みんな老けてしまった。しかし元気だ。
仲間の老けた顔をみるにつけ、残された時間がいかに貴重かを知ることが出来る。
そうだよな、今思えば、お前は確かに警察官に向いているよ! とか 魚屋の息子は魚屋だし、八百屋の息子は八百屋だし、読書好きの女性は国語の先生になっているし、当時の性分が今の仕事に合っていて、とても解り易い。この空間にいると、何かがリセットされる自分を発見する。行き過ぎた振り子を引き戻す力か?疲れた頭を休める薬か?確かに耳元で「いいじゃん! そんなに頑張らなくってもさ!」「休めばいいじゃん!」とささやいてくれているような気分になれる。
しかし映画20世紀少年にもあるが、あの当時の夢や秘密や・・・、いくつになっても消えない記憶があって、むしろ年を重ねるとより鮮明に、大切なものは何なのかが解ってくる気がする。お金では絶対に買えないもの。 ともだち 
[PR]
by sogatoru | 2009-08-19 10:50 | プロフィール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sogatoru.exblog.jp/tb/10120720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 佐渡グランドホテルに泊まりました 女優のあいはらさんとの対談の雑... >>