アンコールワット  アンコールトム  タプルーム等

アンコールワット
ここでの一番の思い出
d0153211_110898.jpg

お坊さんの中にもお金がほしくて、人の善意を利用して儲けたがる人もいる
朝7時の開門と同時に走って行き1番で、入場した際、いきなり、お坊さんから線香を渡されました
おまけに写真も撮ってくれ、仏教のやさしさに触れたと思いました
これが1番目の入場者の儀式なのか?と思いきや、拝んだ後に20ドルを要求されました
気がついたときはあとの祭り、まだ早朝で周囲には誰もいなかったので、危険を察しました
あまりのしつこさに観念し、10ドルを渡して、即、退散しました
ここらでは、お金の価値がまったく違います
このあたりの平均月収は、安い人では30ドル/月で、高くても200ドル/月くらいです
ですからほんの1分程度で10ドルも稼いだら、笑いが止まらないはず
観光産業が占めるウエイトが約40%の国カンボジアです、こういう私のような旅行者が餌食になるような事は謹んでもらいたいものです  お坊さんのイメージががた落ちです
早朝で、観光客がいないと、本来の静かな姿が見えます
d0153211_1105977.jpg

水面に映るアンコールワット
d0153211_1112727.jpg

アンジェリーナジョリー演じたトゥームレーダーの舞台になった場所 400年ほど前、鳥の糞から成長した樹木が遺跡を覆い尽くす。
d0153211_1115160.jpg

入り口付近で人の荷物を奪って逃げる、大暴れのサル
d0153211_1121141.jpg

意外と高かったが、象に乗って1周, 1枚20ドルもした写真,像使いの背中にはチップ5ドル用のポケット(商魂のたくましさ、これがカンボジアを支えている)
d0153211_11152294.jpg
d0153211_1725533.jpg

1000年前の建築ですが、現代とさほど、変わっていないのでは?と感じます
美しいと感じるプロポーションとか、建築を通して何を伝えようとしたのか?
当時、文盲(文字が読めない)の人達に対し、宗教を教えるには、このようなレリーフ彫刻が有効だったわけだし、これ以外に手が無かったに違いありません(上中下3段に分けて遠近感を出している)
d0153211_11104030.jpg

アンコールワットは壁の4方すべてに乳海撹拌(不老長寿の薬)の物語をはじめ、ヒンズー教の教えが書かれています
レリーフに描かれているラーマー王子と魔王のお話は日本の桃太郎に近い話ですが、人を信じるというか、一途で、純粋な思いを大切に、みたいな教えなのでしょうか? 悪いことをすると地獄に落ちるとか、他の女性に気を取られていると罰で亀にお尻を噛まれますみたいなレリーフを見ると、そんな当時の生活ぶりも見えてきます
とにかく暑い中、朝日から夕日までを見ようと、まる2日半かけて見学しました
お水1日約1.5L を呑み熱中症対策に心がけました
もう限界だったと思います
60歳までには見学したほうが良いと思います、それ以上の高齢者の方はあまり見かけませんでした。
体力的に無理なのだと思いました
[PR]
by sogatoru | 2017-05-10 11:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sogatoru.exblog.jp/tb/24162910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 船橋本郷町にまた完成しました カンボジアの悲劇 >>