涼しい夏休みももう終わってしましました


d0153211_18392113.jpg
d0153211_18393020.jpg
d0153211_18393984.jpg
d0153211_18393493.jpg
d0153211_18394574.jpg
d0153211_18394892.jpg


ついに長くて涼しい夏休みももう終わってしましました

今年、当社のGWは10日間も休みにしてしまいました

休めるときに休もう!というのが主旨ですが、やはり長すぎた思います。

私も海外に出かけ、リフレッシュさせていただきました

毎年、8月15日になると、戦争関連の報道が増えます

そういうTVのせいか、72年前に何が起きたのか? そういう意識が、強くなってきます

と言うことで、今年はハワイ真珠湾のアリゾナ記念館、陸軍博物館、パンチボール(国立太平洋記念墓地で沖縄戦や硫黄島の戦いの記念碑がある)、有名な真珠湾攻撃の翌年に建設された北東にあるクアロア・ランチはゼロ戦を恐れて作られた防空壕

があり、いまでは、映画の資料館に変身していた。ジュラシックパークの新作が撮影中でした。

おおよそ、日本人でハワイに行って、一度もワイキキで泳がない旅行者はいないと思いますが、戦跡めぐりで終わった夏休みでした。

先週TVで映画「パシフィックウォー」観ました。

ラストシーンは悲劇でしたが、

いかに日本軍が恐れられていたのか、強かったのか、がわかります。終戦後日本とアメリカの艦長同士が向き合って「人としては後悔している」と敬礼しあったシーンが印象的でした。

原爆を運んでしまったアメリカの艦長とそれを撃墜できなかった日本の潜水艦の艦長。

今だに、無意識にも敗戦国として洗脳、束縛されている現実があり、何一つ憲法も変えられないでいる

もうすでに、北朝鮮のミサイルはハワイにも到達できる実力があるらしい

毎日のようにミサイル関連のニュースが聞かされるが、我が家の家族のように、お花畑でいられるのはいったいいつまでなのか?

家内などは「ミサイルなんて来るわけないじゃん」で、まったく興味がない

しかしこれが、今の日本人の大半の感覚なのでしょう

もしミサイルが飛んできたら戦争です

当社スタッフの韓国籍のスミンは即刻、帰国して戦争に参加しないといけません

緊迫状態がわれわれお花畑人とはまったく異なる

戦争なんてまったく想像もつきません

長すぎた夏休みだったせいで、靖国神社の遊就館

にも行って来ました

ゼロ戦も映画「パシフィックウォー」にあった回天も展示されていました。

恐ろしくてぞっとします。(個人的趣味ですが、ゼロ戦の流線型のプロポーションは美しいと感じます、アメリカの直線的なグラマンは洗練性に欠ける)

ハワイ真珠湾にも展示されていました

簡単な英語で説明されていましたが、さすがにアメリカは公平に展示されています。むしろ、フェアに戦った日本をたたえています。

展示方法では、どこかの国のように、歴史をつくろう、捏造しようとはしていません。

しかしパシフィックウォーにもあったように、隠そうと隠蔽しようとした事実もあるわけです。

未来に向けて、アメリカは時間をかけて、原爆をおとしてしまった後悔はするべきだとは思います

その上で、問題を乗り越えて、仲良くしていかないといけません 

戦争の博物館とはそういうものではないでしょうか?

日本にも、早く、近現代の歴史、国立の戦争博物館のようなものを作らないといけないと思った夏休みでした


[PR]
by sogatoru | 2017-08-28 18:33 | プロフィール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sogatoru.exblog.jp/tb/25464250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 柴又5丁目に新たに完成しました スタッフ募集 >>