新年(信念)  あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

昨年末は気持ちの上でも、本当におめでたい納め方ができたと思います

受験生がすべて1級建築士に合格してくれて「ホッ!」としました

さて新しい年を迎え、これからは、遅れた分を取り戻すくらいな活躍を期待しましょう

暮れの29日に、大阪より結婚の報告、挨拶のために、住吉君が来てくれました。

d0153211_17170286.jpg

2年ぶりでしょうか?成長した姿を見せてくれました

近くにいてくれたらどんなに心強いか?と、そう思うと「地の利」の悪さを悔やみます

東日本大震災を経験し、一番きつかった頃をいっしょに歩んでくれたメンバーです

私にとっては、一番弟子になる存在です。

困ったら何でも相談にのってやると、伝えながら、心の中では、いつか私のほうが相談にのってもらう立場になるのではないか?そんな気さえもします。

彼は仕事の上でも精神的にも、自分に厳しかったし、それに健康だったし、日曜のみ休日というブラックな環境にも関わらず5年間一日も安まなかったし、遅刻だって一日も無かった。大阪より決死の思いで私の元にやってきて5年間で、基礎を学び、2級建築士を取得し、地元へ帰って設計の仕事をする。そして今その夢を果たし、良き伴侶を得て、幸せに暮らす。住吉君にとって想像通りの人生です。そしてこれからは、人生第二部の始まりです

「1級とって、必ず、独立します」と宣言してくれました。

心強い存在です。

今のスタッフには住吉君の真似はできませんし、させられません。

彼のような存在は、もう二度と現れないのでしょう

しかし、いつの時代も、彼のような強い信念と固い志を突き通せる人間が、最終的には事務所を立ち上げ、成功するのだろう!そう感じます。


[PR]
# by sogatoru | 2018-01-05 17:17 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

年末のご挨拶 12月29日から1月4日までお休みいたします。

12月29日から1月4日までお休みいたします。

今年一年、皆様には大変、お世話になりました。そしておかげさまをもちまして、本当に今までで、最高、最良の年となりました

来月で、独立開業し、ちょうどまる10年がたちます。皆様には感謝感激雨あられ。

独立開業後のこの10年間、まさに人生、山あり谷ありの連続でした。

この10年前、リーマンショックに続き、事務所火災炎上、そして決定的な大震災時の、がけっぷち状態からよくここまで這い上がってこれたものだと思います。あっという間に、今年で、建築デザイン一筋で35年になりました

今こうしていられるのは、今まで、関わってきた人達のおかげです

会社人間だった頃の自分は、いい作品を残そう!いい建築とは?お客様に喜んで頂くためには?

それから、独立開業後のこの10年間の私は、常に、何かに戦い、奮闘し、あるいは耐えて、負けてなるものか!そんな気持ちの連続だった気がしています。(正直言って不安で眠れぬ夜もありましたが、今もそうかもしれませんが、自分の中にしまい込めるようになりました)

そして、10年たって想うに、毎年、年を重ねる度に強く想うのですが、今こうしていられるのは、自分を支えてくださった人達のおかげです。助けていただいたおかげです。しかっていただいたおかげです。つらい環境を与えていただいたおかげです。たとえば、三角スケールで叩かれたり、理由無くビールを浴びせられたり、徹夜で書いた図面の上からマジックでチェックされたり、徹夜で作った模型を朝一瞬で壊されたり、新入生が入ったにも関わらずなぜか5年間もお茶入れ、鉛筆削り、便所掃除に雑用係り、納得のいかない懲罰会議やら減俸、減給やら、エッーって言う突然の人事移動やら、不愉快な思いこそが今思い返せば、最高の教材でした。あの時、耐えて続けてこられたからこそ今の自分が在ります。

経験出来たからこそ、教えてもらったから今、理解できます、単純なことなのですが、恨んだり、憎んだり、時々殴ろうとしたりも考えましたが、そんな事では何も解決できません、約35年前、木村伝建築設計事務所で5年間お世話になり、その後20年間スターツというすばらしい環境で、いろいろ経験させてもらった事が今こうして自分が存在できているすべてです。悩んで耐えて続けてこられた事が自分の財産です。

「出会う事 表現すること 良く在る事」好きなルイスカーン(建築家)の言葉で建物の竣工時に記念碑で度々貼りますが、今想うに、常にチャレンジし、がんばって、耐える事、止めない限り負けや終わりはない。そういうことではないでしょうか?

今年、念願だった社員全員1級建築士合格もついに達成することができました。

8年前の西新宿ラビに続き、今年大規模PJ、「木更津ワシントンホテル」も無事完成することもできました。

業績も大震災以降ずっと右肩上がりで、来年も期待できる状態になりつつあります。

10周年記念事業として、来年こそは事務所本社設立に向けまい進する所存です。

今年一年大変、お世話になりました。ありがとうございました。

また来年も引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします
          ・
そして

d0153211_16011991.jpg
最後に、社員、協力設計事務所の皆さんお疲れ様でした


[PR]
# by sogatoru | 2017-12-28 12:51 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

早めの春がやってきた ようやく1級建築士合格です


d0153211_11394575.jpg
最高の一日!うれしいの一言!

本日、1級建築士の合格発表がありました

当社社員、全員合格でした

これで、当社社員は全員 有資格者です

昔と違って、今の1級建築士は、会社の協力がないと、合格しない難しい資格になっています

残業無し、試験直前には休日を多く与えないと受かりません

経営者としても、つらい立場です。

しかし、社員の将来がかかっています

特に高齢になると、ほとんど不可能です。

仕事上の付き合いとか家庭とかいろいろあり、勉強できる環境ではなくなります

大きい会社のほとんどは40歳で資格がないと、設計部にはいられません

どんなに能力があっても。

45歳で合格するのは、ほとんど奇跡です

その奇跡がおきたのです。千葉君おめでとう!

今まで資格がなかったせいで、嫌な想いもしたはずです。しかし、これからは、胸を張って、堂々と設計者として、生きていけます。

それと、事務所の跡継ぎ役の匠も合格です

26歳で合格してくれました

銀行借り入れの際、連帯保証人としても価値があがります。笑


[PR]
# by sogatoru | 2017-12-21 11:41 | ニュース | Trackback | Comments(0)

ライト設計の自由学園にて パーティー参加

d0153211_15552102.jpg
YKK主催の設計事務所交流会に参加しました

私より若い53歳になる手塚先生の探究心を知ると、われながら、自分はまだまだである、と自分の小ささにがっかりします

手塚先生が30歳で、独立したときはきっとバブル崩壊後のきびしい時だった筈。学校の先生をしながら、夫婦で、二人三脚で、細々とではあるが、良い仕事をすれば、必ずまた仕事をいただける筈だとの思いで続けてこられたという切実な気持ちは今の私にも十分理解できる。一度でもしくじったらおしまい、ゲームセットになるこの設計というこの仕事です。スタッフにも預けたいが、肝心なところは常に自分で決定していかないと大切な顧客を失うはめになります

数年かけてスタッフを育成すると独立していってしまう。その繰り返しがこの稼業。しかし、それゆえに先生と称されるのでしょう


[PR]
# by sogatoru | 2017-12-08 15:55 | Trackback | Comments(0)

木更津ワシントンホテルがニュースになっています

d0153211_16270162.jpg
木更津ワシントンホテル竣工写真がとどきました

設計に関与した2年間、内工事に1年間、歳も取るはずです。

しかし、達成感のある仕事に恵まれた事は幸せなことです

オールドメディアのニュースにもなったりしてます。木更津の復活宣言のようです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201711/CK2017112602000122.html


[PR]
# by sogatoru | 2017-12-02 16:26 | デザイン | Trackback | Comments(0)