<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

メジロで癒されています

3月も残りあとわずか。いわゆる繁忙期と呼ばれる決算直前の追い込み、ラストスパート。
そんなため息をついていた時の一瞬の出来事でした。
d0153211_18223028.jpg

窓際に、メジロが来ました。私の顔をじっと見て、何か言っているようにさえ感じました。
「たまには休んだら・・・。」
そんな癒しの風景を与えてくれたメジロに感謝です。そして、「また逢いたい」。
今餌付けに必死です。 結局、自分は、なにをしてもゆっくりできないタチなのでしょう。
よく釣りをする人は短気といいますが、野鳥観察も同じなのでしょうか。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2010-03-27 18:22 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

ALC版の工場見学

d0153211_7175834.jpg

ALC板とは「Autoclaved Light-weight Concrete 」の略称で、セメントと骨材(砂等)などを混ぜ合わせて発泡(アルミニウムと水素を化学反応)させ、重量を軽くした軽量コンクリートのことを言います。
今、津田沼駅前の区画整理地域内で、鉄骨5階建てを工事中ですが、このあたりは比較的いい地盤なので、こういう鉄骨の軽い建物だと杭はなくても安全に成立します、よって経済的な建物となります。
つまり杭が必要かどうか?ベタ基礎という建物の底部が一枚の板状になっているコンクリートの基礎にできるかどうか?が大きく建築コストに影響します。
そのために建物の重量を軽くしないといけないわけですが、そこで、ひと役買う外壁材がALCとなるわけです。
話題の新東京タワーにもこの材料が使用されています。 小口が斜めにカットされているALC板、これが連続すると、円筒形の建物になります。
d0153211_7165693.jpg

割と身近なところで多く使われているのですが、あまり注目をあびない可哀そうな材料の一つです。いつも裏方的な役割に使用されるからでしょう。超高層ビルでもよくつかわれていますが、外壁ではなく、引っ込んだバルコニーの奥の壁だったり、間仕切り壁だったりします。
そういう話を聞くとがぜん、なんとかしてやらねば・・、と思うのが私。(笑)
自分と重ね合わせて考えてしまうのでしょうか?(悲)  実際に工場見学すると、いろいろハッ!とすることがあります。
もっと、設計者は材料の製造方法やその過程、また搬出入、運搬など考えなければ!と思います。
固いコンクリートと違って、比較的やわらかいので、現場でよく穴(換気口等)をあけていましたが、それはいけません。ALC板にも鉄筋が入っていますから、決められたところにしか穴が開けられません。簡単に言うと板の中央付近しかダメなのです。
d0153211_7171774.jpg

整然と並べられた材料の山を見ていると、まるで、大理石の石切り場のようです。丁寧に管理された材料を見ていると、メーカーの誇り、愛情が伝わってくるものです。
d0153211_717398.jpg

それはただの外壁材ではなく、工場の人達の「志」、ものつくりに対する「魂」を感じました。
最後に
不況で毎年多額の赤字を出しているにも関わらず、製造している責任から、撤退は出来ないという親会社の誇りに敬意を表します。
[PR]
by sogatoru | 2010-03-21 07:17 | 建築まめ知識 | Trackback | Comments(0)

当社恒例週1回のウェットコミュニュケ。

d0153211_1375063.jpg

やっと引っ越しが終わり、落ち着いたので・・・。
デザインという仕事は結構、内側にこもる性格のお仕事です。たまには、お酒でも飲んで、語り合おうという趣旨のものです。お酒を飲まないと話が出来ないなんて・・・、と批判的な人もいますが、お酒の力を借りて少しでも濃い内容の話が出来るのなら、やらないよりやったほうがいいと私は思います。
普段仕事の話しかしないメンバーと、違う話題で話し合うきっかけにもなります。
d0153211_1381579.jpg
              
先週から続いていた、あわただしい毎日もようやくこれで一区切り、来週から少しはゆっくりできることでしょう。
新事務所を祝ってくださり、お花や、プラズマクラスターなど、を頂戴いたしました。
本当に感謝です。ありがとうございます。こんなにたくさんのお祝いの品が届くとは思っていませんでした。 思えば1年前の事務所炎上の時は、お花ではなく、火事見舞いの日本酒が並んだものでしたが(笑)。 1年でよくここまで回復出来たというか、復活出来たというか、確かな手ごたえの1年だったというか、激動の1年だったというか、今まさに達成感のようなものすら感じています。(笑)
こうして個性あふれる素晴らしいスタッフにめぐまれました、これからもっと明るい事務所つくりに努力していこう。
[PR]
by sogatoru | 2010-03-13 13:08 | プロフィール | Trackback | Comments(1)

当事務所移転いたしました。

d0153211_135456.jpg

d0153211_1352947.jpg

d0153211_134332.jpg

d0153211_1341571.jpg

d0153211_1342938.jpg

d0153211_1343987.jpg

[PR]
by sogatoru | 2010-03-13 13:05 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

またもや、現れてしまった、不埒な奴。不心得者。不届きな野郎。許せないヤカラ。と思ったら・・・。

d0153211_1133518.jpg

昨年暮れに完成したマンションのビル名板がこんな状態になってしまった。このそばで同様に昨年完成したマンションの植木がハサミで切られたという悲しい事件があり、
警察沙汰にしたばかりだったので、同一犯ではないか? そう思うと無性に腹が立ってきた。
そんな時、偶然にもバイクでパトロール中のおまわりさんがやってきたので、思わず呼び止め事件の報告をした。小一時間ばかり、報告したのち、専門の課が東警察署にあるとのことで・・・。
このままにしておくわけにはいかないので、施工会社に連絡して、とりあえず直していただこうと、連絡したら、その現場監督が「あのビル名板の仕上がり具合がよくなかったので、今造り直しているんです、すいません、連絡が遅くなってしまって・・・。」
そういうことでしたか?  (笑)
[PR]
by sogatoru | 2010-03-13 11:03 | ニュース | Trackback | Comments(0)

飯山満駅前ビルが完成です。

そして竣工写真が出来ました。
さすがはカメラマンです。美しく撮るものです。周りがまだ、区画整理中なので、なにも建っていませんが、これからどんどん建っていくでしょう。こういう区画整理中の現場は、とかくホコリっぽくなりがちで、特に白いタイルなどには土ホコリがつきやすいので、今回は、光触媒コートをかけ、キレイな状態を少しでも長く維持出来るようにしました。
白と黒のスタイリッシュなデザインを心がけました。建物全体は日影規制が厳しく、整形な形体が取れなかったのですが、その、崩れた形の中にも、あるコンポジション(構成、組立)が存在 するかのような、バランスの取れたものにしたいと考えました。バルコニーはだるま落としゲームのような、ずらしながらもギリギリ安定して止まっている緊張感のようなもの。
内部には一部だけですが、鮮やかなカラーを使っていて、これが夜になると、絵画のような表情になり、飯山満駅ホームからの夜景にひと役買っています。
d0153211_11164273.jpg

d0153211_11165165.jpg

d0153211_111768.jpg

d0153211_9415319.jpg

[PR]
by sogatoru | 2010-03-11 11:17 | デザイン | Trackback | Comments(0)

どしゃ降りの雨での東京マラソンの日、義父の七年忌の法事でした。

経を読み終わった後に少しだけ説法をしてもらいました。その坊さんのお話に納得です。そのお話にちょっとだけ建築の世界にも通じるものがありました。
人生は理不尽だらけです。勉強したから絶対合格するとは限らないし、一生懸命努力したかたらといって必ず出世するわけではない。今の旬でいえば、練習したからと言って絶対「金」がとれるわけではない。
つまり、割り切れない気持ちになるのが人生だということ。 この割り切れない数字にはなぜか神秘的なものを感じてしまいます。 日本の伝統行事、七五三  五人ばやし 三人官女、はじめ、 三回忌 七回忌 十三回忌 と奇数年で法事を行います。
すべて割り切れない数字です。
よく波乱万丈で激動の人生を歩んだ人を「数奇な運命」な人と言います。 
ひっくりかえすと奇数となります。つまり奇数には謎めいた世界がありそうということでしょう。奇数とは余りのある数。余るとは何か?不遇なものか?あるいはゆとりか?余分なのか?人生そのものかそれに必要なものか?にあてはまりそうです。余白とか余韻という表現にすれば建築の世界に近くなります。 数奇屋建築の素はそのあたりからなのでしょう。
数寄屋建築の始りを作った千利休はありふれた材料、普通の材料を大切にしました。
それで創造的な世界を造った。まだまだ私たちのこれからにも、可能性がありそうです。 前回のベニヤの内装のいい説明になるといいのですが・・・。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2010-03-01 19:50 | 独り言 | Trackback | Comments(0)