<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

超高層が出来ると、近隣住民も大変です。


久しぶりに、ギャラ間に行ってきました、ところがあいにくの休館。仕方なく帰りに、ミッドタウンに行って、安藤建築(21_21DESIGN SIGHT)
d0153211_10203376.jpg

でも見ようと思っていたところ、その脇から、偶然にも、巨匠磯崎アトリエが見えてしまいました。のちにルイビィトンのビルの設計で有名になった青木淳さんが担当したことで有名です。ここは篠山紀信さんの自宅でもあった筈、今は解りませんが。 私自身中学生の時、南沙織の大ファンだったのですが・・今いくつになられたでしょうか? 当時はあの名曲のように「17才」
建物は完全に、ブラインドで隠されていました。また単管足場でやぐら状に組み上げた工作物につる性植物がからんで、室内が全く見えないようになっていました。
d0153211_10193742.jpg

それもそのはず、目の前に超高層マンションが建てば、プライバシーもなにもない。
確認申請の不要な仮設足場でなんとか工夫した名案。
素晴らしい建築もこれでは、残念です。デザインのいい建物はいくつになっても何か新鮮なものを感じます。きっと今でも、南沙織はそうに違いないと勝手にそう思い込んでいます。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2010-07-29 10:19 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのブログアップですが、指がいたくて・・・・

指をケガして、しばらくぶりのブログです(悲)
清水の舞台から飛び降りるつもりで、今月と来月分のおこずかいを足して、2010年モデルダンロップ ザ ゼクシオ ドライバーを買いました。
意気揚々と、いさんで、最初の一発目が肝心とばかりに、気合十分、「この1球こそ唯一無二の1球なり」とあの熱血テニスプレーヤーのごとく、精神を集中させて、思いっきりたたきました。250ヤードを目ざして!
その瞬間「パキン」とにぶい音が・・・・・? 
まさか買ったばかりなのに・・・まさかもう? 違いました。 壊れたのは私の指でした(無念)
まさかの1球で撃沈でした。 打ち放し場での残級49球を残し帰宅。
翌日、医者に診てもらいました。「バネ指ですね。」 しばらく安静にして指は使わないように」だそうです。
こんな形は右手では絶対無理。
このように、左手がいつも曲がったままの私の小指です。開くときは右手で開かないと直りません。本当に不自由な手です。 人さし指でなくて良かったです。 あまり仕事に関係ない左手で良かったと今はほっと胸をなでおろしています。
d0153211_20223831.jpg

[PR]
by sogatoru | 2010-07-27 20:19 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

泣けます。孫さん


ソフトバンク30年ビジョン説明会が今、動画で見ることが出来ます。
かなり長い動画ですが、最後の10分が泣けます。
人生で最も悲しい事は「孤独」 しかしそれを打ち砕くのは「志」です。
貧乏な生活で、残飯集めの仕事をしていた家族を恨み、貧乏から抜け出すため、家族を養うために事業家になると決心し、まさに父親が血を吐いて入院している時に単身、アメリカに渡る。 韓国出身というだけで、身寄りもなく、貧乏で、孤独で・・人種差別を目の当たりにした悲しい青春だった。 そんな時「竜馬がいく」を読み「うじうじするな!」「世界に挑戦!」 この差別で苦しんだ「孫」の名前で「みんな人間はいっしょなんだ」を世界に証明してみせる。 最後、汚い、ばあちゃんが大嫌いだといってしまった事に「ばあゃんゴメン」と謝って終わる。 ばあちゃんのようにいくら貧乏しても常に「人さまのおかげ」、心の中で「ありがとう」と自然に言える人間に!
[PR]
by sogatoru | 2010-07-08 16:18 | 独り言 | Trackback | Comments(0)