<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三国志を見て(TV版DVD21枚)


2日間で、21枚のDVDを見ました。かなりの長編でした。それに見終わった日の夜にはTVで映画レッドクリフを上映していましたので、その日の勢い、流れでそれも鑑賞してしまいました。ですから今、頭の中が三国志でいっぱいです。
「君主たるもの・・・・。」自分を君主に例えるのはおこがましいですが、しかし悩みの種はほんの少しですが、理解できるような気がします。こんな小さな私でも。
その時の兵力や兵糧で、国を治めないといけません。劉備のように、たとえ兵糧が少なくても、徳が高く、常に仁と義を大切にしないと部下はついてこない。曹操のように、兵糧がたっぷりあっても、利己主義、利益優先主義で、傲慢で、征服意欲が強く、他人の女房を横取りするような悪趣味のある人間では、国はまとめられない。(笑)
光明が言ってましたが、曹操には、12人いる側室のうち10人は戦いで奪い取った敵将の女房だったそうです。
夜が不安で、眠っている時の暗殺を恐れ、近寄ってくる人がいると、見境いなしに切り殺す、という噂を部下に信じ込ませるあたり、いかに孤独な将軍だったことか。
当社に例えると、兵力はメンバーの力量だし、兵糧は資金力にあたいする。
それで、最大限の可能性を探る。さて私は、今の力で何をなすべきか?
時代は違えども、今だって戦国時代みたいなもの。 義理も仁義も場合によってはお構いなし。裏切りの連鎖の多い社会。誰がババを引くか? 早くそんな悲しい時代は過ぎ去ってほしいものです。
[PR]
by sogatoru | 2011-01-26 19:06 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

1月11日の抱負

今日で、独立開業4年目になります。「石の上にも3年」「3年目のジンクス」「3度目の正直」「2度ある事は3度ある」など3年目についてのことわざには忍耐とか用心しなきゃ!のような、きびしい印象のものばかりのようですが、しかしこれらのことわざが示す通り、当社もじっと我慢の3年目だったと思います。
どんな3年目だったのか?一言で総括するのは難しいですが、新事務所への引っ越し、新しいメンバーとの出会い、そして別れ、設計内容についても、大きな案件は少なくなりましたが、それに引き換え、木造案件が圧倒的な勢いで増えてきた年でした。
これはこの業界なら全国的に言える現象です。
もちろん、事務所の体質も、贅肉を落とし、筋肉体質にしていかないといけないと思っています。かなり早いスピードで勝負が決定する時代になってきた感があります。
そのスピードの変化に対応できる人だけが生き延びられる時代のようです。
ボーッとしていると、置(老)いていかれる、先手必勝の重要さ。
新年のTVニュースでみましたが、百人一首 かるた取りの早業のような、指一本の差でも先にとった人が勝ちになります。(もちろんルールだけは守らないといけませんが)
皆さまから頂戴した年賀状に多く書かれてあった、「今年はさらに厳しい年に・・・。」と、ありました。しかしあえて私は、「今年ももっと厳しい年になってください」と言いたいものです。厳しくなればなるほど、当社のような、蟻サイズの会社が有利になるというものです。
それも羽根を持つ蟻です。緊急時には飛べるからです。
今年はそんな特別な蟻になることを目指して必死に生き抜いていこうと思います。
[PR]
by sogatoru | 2011-01-11 16:23 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるのでしょうか? ウサギのように跳ねるようなパワーがあると嬉しいものです。当社だけでなく関係会社全てにおいても、良き一年でありますように。
d0153211_1174231.jpg

さて新年そうそう、感謝状を頂きました。「国境なき医師団」への寄付にたいするものです。
最初、他人の個人情報を勝手に入手して、振り込み用紙を一方的に送るような資金調達方法に、多少の違和感を持ちました。おそらく無差別での郵送だと思います。
中には、そんな費用があるなら活動に使えばいいのに!と思う方もいるでしょう。
しかしそれこそ、日本人特有の見て見ぬふり、の悪い体質なのでは?
まるで電車の優先席に座って目の前で立っているお年寄りを眠ったふりでごまかそうとしている今の若者と同じなのでは?
年末にJINの再放送をしていた影響もあり、使命感について考えさせられ、勢いで寄付してしまった感もあるが、自ら進んで紛争地域に行って医療活動をして、自分の役割を果たそう、生きている、いや生かされている、使命を果たそうとする。私にはなかなか出来そうにありません。
そして、積極的に世界と関わりをもとうとする姿勢こそが重要だと思います。世界の中の日本としての役割を政治がやらないなら、民間レベルで果たすべき。なにか閉塞感漂ういまの時代だからこそ、私も何か出来る事で協力したい。決して、業績がいいわけではありませんが、出来る範囲で、・・・。
[PR]
by sogatoru | 2011-01-05 11:08 | 独り言 | Trackback | Comments(0)