<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日、勝手気ままな私のブログにズシッと重みを感じる出来事があった。

昔、いっしょに組んで仕事をしたA建設のS君(元現場監督)が今の営業職がイヤで、ついに「退職しました」と連絡がきた。
私がブログで書いた、「ピンチの時こそチャンスだ」に勇気をもらったと言ってくれていた。
4年前、私も、なんら会社で過失を起こしたわけでもないが、自分の目標に向かって独立した。
(客観的にみると、年齢的に考えた場合、給料的にも、地位的にも、非常にもったいないと思っている。楽にいい設計できていたのに。)
私の書いたブログの言葉、それが引き金になったのだとしたら、私も少し責任を感じてしまう。S君には高校生になるお子さんもいるというのに! 今の私にはお酒をごちそうするくらいしかできないが・・・。(笑)
嫌いな仕事を嫌々続けてピンチに感じたのであれば、今が辞め時なのだと、開き直れるチャンスだったかもしれない。
井の中の蛙大海を知らず されど地の深さを知る or されど空の青さを知る
されど~以降の文言にはいろいろな言い方があるようです。どちらも使えます。自分の置かれている状況について、身の丈の程を知っている・・・と言う意味合いでしょう。(ほとんどの井の中の蛙は身の程にすら気づいていないという現実もあるが)「地の深さを知る」だと、一つの道しか知らずとも、その道の奥深さは知っている・・・と言う意味合いでも捉えられる。つまり設計者とか技術者にはこの環境の方が適しているという考えもある。

私も、退職する時に、上司より「独立はやめとけ」の後に、この蛙のたとえを言われました。
会社を井の中にたとえるならば・・・、 外に出て、蛇に食われる危険もないし、安全だし、どちらがいいかは本人次第だが・・・。
 
今朝、NHKのアサイチに、さだまさしがゲストで来ていた。17歳の時。「自分はなにものなんだ?」に悩み、3日間眠れなかったとの事。結局その答えが解らず、答えを45歳まで、棚上げにしたところ、気が楽になったと言う。そして45歳を過ぎた今でも、未だ、わからないままだったという。
この哲学に悩むタイプか?そうでないか?が井の中の蛙の悩みと重なる。人生に真剣に悩むと、(長い時間悩むと、)その答えは自ずから見つかる気がします。
たとえ、どういう結論になったとしても、その(S君の)行動を誰も非難はできないだろう。 
[PR]
by sogatoru | 2011-07-29 16:18 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

デザインですが、お客様の好みで、こんなにも変われるものです。(笑)

不幸にも震災の影響を受けてしまった浦安市での再生計画です
第一案(私の一方的イメージ案)
d0153211_1855135.jpg

お客様と打ち合わせしながら、数案を経ての最終案
d0153211_186335.jpg

今でも、この瞬間でさえも、おそらく、建築家が名作と思いながらも考え出した案が、いろいろな事情で消えさってしまっているのだろう。 
しかし、そんな消え去った案の中にも、未来に対して一石を投じる案があると思うわけです。(笑) そう信じて生きています。(笑)
古市徹雄さんのツイッターにもありましたが、コンペで負け続けると、人間性までも否定された気分になってくるらしい。
私は、安藤忠雄のような大先生ではないので、お客様のご要望に応じ、千変万化、デザインは変わります。変えます。これでなければいやだということはなく、和風でも、洋風でも、スパニッシュ風でも、なんでもありだと思っています。どんなデザインになったとしても1%の自分は必ず残ります。そこにこの仕事の意味(醍醐味)を感じています。打ち合わせを重ねながら、どんどん変わっていく様子もけっこう楽しいものです。
私の作品集を見れば、解っていただけると思うのですが、カタチ的に決まった作風が見えない筈です。
私は、クライアントの頭の中をのぞくつもりで、どうしたいのだろうか?の理解に努力し、現実的な建築デザインに落とし込み、コスト、法令等、与条件がどんなに厳しくても最低限の重要なエキスだけは搾り取ろうと努力します。すべてを取り入れられればラッキーなのですが、たいがいの場合難しく、もろもろの制約の中である(妥協案?)答えが導き出されます。そのふるいが私である以上必ず、デザイン協力者として、私の1%(爪痕)は残ります。
(よく設計者にはエゴイスト・傲慢な人が多い!と言われています。残念ですが・・・)
 私は違います。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2011-07-23 18:06 | デザイン | Trackback | Comments(0)

いよいよオープンです

TVに放映されました。いよいよ明日から、オープンです。
あの~、勘違いされている方が多いので、一応お断りいたしますが、私にヤマダさんの家電商品を相談すれば、安く手に入ると思っている方、それは大きな勘違いです。そんな権限は、当然、私にはありません。残念ですが。(笑)
面白そうな事を、ひとつだけご紹介しますと、屋上の自転車置き場は、一見の価値があると思います。おそらく都内で一番、高いところに位置している自転車置き場です。
それともうひとつ、自動車で、地下4階まで運転しながら、カーリフトで降りていく駐車場があります。初めての方は、勇気が要ります。サンダーバードが出発する時のような気分か、ディズニーのアトラクションにでも乗っている気分になれる筈。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2011-07-14 15:30 | Trackback | Comments(0)

今テレビでコマーシャルされています

日本最大級のスマート家電・省エネ家電売り場
d0153211_11395821.jpg

15日オープンです。関係者として、なかなかオープン日に関しては軽々しく、口外できない状況でした。TVで発表されたので、やっと公に言えます。それだけ、完成直前はてんてこ舞いになるということです。たくさんの社員の方がオープンに向けて必至に作業しています。そんな作業中に、消防の検査を同時に進めるという異例な事態でした。
ほんとは、私もこのPJにかかわったすべての関係者を招待して、お披露目会でもと思ったのですが、緊迫したこの状況では、のんきにそんなことは言ってられませんでした。残念でした。
TV映し出されるのは、外観パースです。これで、何度も何度も訂正してきたパース屋さんのK桐さんも、多少浮かばれるのではないか?とそう胸をなでおろしております。(笑)
[PR]
by sogatoru | 2011-07-06 11:40 | ニュース | Trackback | Comments(0)

「初顔合わせ」という名目の祝宴 (私の恒例行事・現場が始まるとまず最初にやります)

d0153211_1625154.jpg

久しぶりに大騒ぎで、飲みすぎました。途中から日本酒にしたのが運のつき。案の定、あくる日、家内に連れられ病院へ! 点滴を頂きに行きました。 二日酔いにはこれが一番なんです。1時間ほどで、あの頭痛が納まります。それはさておき、 
ここは新小岩の現場のお隣にある、焼き鳥屋さん。なんと1本100円の焼き鳥です。しかも、お肉が大きいので、ビックリ。3本ほどいただくと、通常の5本分くらいの満腹感に浸れる。メニューにお刺身もある焼き鳥屋は珍しい。30年あまりも営業している、古いお店です。さすがに建物は古いが、そのほうが、味が染みでるって感じがします。ラーメン屋もそうですが、建物が目新しいとあまり、うまく感じないものです。金曜日だったので、6時にはすでに満席になりました。普段、工事でご迷惑をおかけしていますので、こういうお付き合いくらいはさせていただこうと思いました。オーナーも参加し、お隣様とみずから誠意ある姿勢で対応してくださるので、我々現場関係者は助かります。最近は、一切完成するまで顔を出さないオーナーが多くなりましたが、やはりメンタル的には違ってきます。どんなにテクノロジーが進んでも、建築は、人に寄りかかって出来上がる1品生産です。人と人とのコラボレーションで1コ1コ積み重なるように仕上がってきます。(本当の)建築の作り方は、結構、実はローテクなんです。誰も言ってくれませんが。
こういう付き合いがあり、親睦を図って、最終的に作品と呼べるような完成度になっていく。私も伊達に30年近くも無駄に建築(酒呑)に時間を浪費していません。顔合わせで飲むとほぼ、今回はうまくいくか?難しいかくらいか?わかるようになってきました。関係者や、支えている人らの力次第で、出来栄えが違ってきます。楽しいお酒が飲めたので、自信をもって いい仕事になりそうです。そう断言できます。 
[PR]
by sogatoru | 2011-07-02 16:24 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

速報です。7月2日土曜日BS放送TBSテレビの8時30分から

d0153211_1636552.jpg
この建物の外装についての放映があります。
先月アーキテクチャーにも掲載されました
[PR]
by sogatoru | 2011-07-01 16:36 | ニュース | Trackback | Comments(0)