<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月15日は東京女子大学の学園祭でVERA祭

11月15日は東京女子大学の学園祭でVERA祭。ミスコン中でもありました。
d0153211_15335926.jpg

私の目的は、こんな時でもなければ絶対に見られない名建築見学、レーモンド詣でです。
F・Lライトの弟子です。
素敵なゲートを入ると一斉に女子学生の黄色い声。
とっさに渡されたチラシだけは条件反射で受け取ってすぐチャペルへ。
d0153211_1528244.jpg
d0153211_15275855.jpg
d0153211_15281777.jpg
d0153211_15281498.jpg
d0153211_15283756.jpg
d0153211_15283643.jpg

周囲の樹木が茂っていて、正面がどこだか分からなかった。
ちょっと離れて本館前の広場に行くと、木立の上に
一段と誇らしくそびえ立っている鐘楼が輝いています。
レーモンドは実に美しい塔をつくった。まさに清く正しく美しくかつ清楚な女学生キャンパスの象徴ではないでしょうか。
しかし私はずっと知らなかったので恥ずかしい事でしたが、実はレーモンドはこの建物だけでなく、キャンパス全体計画を担当し、数々の建築を建てていました。
「チャペル」でのパイプオルガンリサイタルを観賞し、内観も撮りました。
レーモンドが参考にしたとされるモデルにもなった、オーギュストペレのルランシーの教会にそっくりでした
それから時間があったので、キャンパス・ガイド・ツアーに参加しました
非常に勉強になりました。
「本館」をはじめ、「安井記念館」「外国人教師館」「ライッシャワー館」など、
知られざるレーモンド作品を見学することができた。すべてアメリカらしく窓が大きく明るいイメージの建物でした。
本来のレーモンド作品のコンクリート打ち放しの建物群は、戦争前から存在し、戦時中は、見つからないように真っ黒に塗装され、そして今、明るい色に変身しましたが、当初の仕上げによる外観が見たかった。
[PR]
by sogatoru | 2012-11-14 15:28 | デザイン | Trackback | Comments(0)

バンーバンバババーン ピーヒャリヒャリヒャリャー 耳の中でコダマしています。

我が家では今、踊る大捜査線がブームになっています。映画はもちろん、テレビ版まで、すべて全編DVDを借りて見ています。そしてついに見終わりました。
途中、いかりや長介さんが亡くなったり、水野さんが諸事情で、出られなくなったり、いろいろ問題はありましたが、それでも、ストーリーがキチンとつながっている楽しいドラマでした。
15年もの長い間のストーリー展開ですが、一貫して、「志の高さの大切さ」が、テーマだったような気がします。
そのことについては、いま公開中のファイナルでも、最後、室井さんが、「青島の背中をみて教えられた」と言っています。
現場と本社との見解の相違。偉そうに勝手な指示をする本社に対し、結果、いつも決まって現場の判断が正しいあたりが見ていて痛快。
見ているみんなが「そうそう」と、わが身に置き換えて、「うちの会社もそうだよ」と思っているに違いない様。また現実に起きた警察官の不祥事も重なり、まったく作り物でもなさそうなところが、さらに面白い。
青島が、上の判断ではなく、自分の意思で、行動し、キズついていく。
しかし、結果はきっちりあげる。誰かのためになるのなら、降格処分も喜んで受ける。
それは、金で動いているのでなく、仕事が報酬という精神だからこそ出来る事。
今や、簡単に忘れてしまいそうな、捨ててしまいそうな、志の大切さ、若い時、みんな持っていたはずの何か? もういちど頑張ろうよ! そんな音なき声が聞こえます。
見ていて、自分自身も15年前のあの頃はもっと、青島だったと。
もちろん私は今でも、それを大切にしています。それこそが私の存在理由だと、気を吐いています。
私を必要としてくれているのであれば、出来る限りの、奉仕の精神を誓います。
[PR]
by sogatoru | 2012-11-09 16:11 | 趣味 | Trackback | Comments(0)