<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年末のご挨拶 (今年1年を振り返り)

今年は、年頭からうれしいニュースがありました、昨年完成したLABI新宿西口館が、日鉄住金鋼板株式会社
第6回NISCイソバンドデザインコンテストに受賞し、縁起の良いスタートが切れました。 昨年来の311の自粛ムードも多少薄らぎはじめたのか、企画設計のままストップしていた案件が急に再開したりして、当社にとって、忙しすぎるという嬉しい悲鳴が起こりました。大きな案件もあり、同時並行に小さな戸建ての案件もあり、大小バランスのとれた案件が頂けた事は当社の新人教育上においても幸いでした。
いろんな建物の設計を経験できるというのは、きっと将来、大きな財産になるに違いありません。
来年はまた、新卒者を一人、入れて、手塩にかけて育てていこうと考えています。
また、今年は仕事を通じ、ガッツ石松さんと一緒にお酒を飲む機会もあり  、元世界チャンピオンから、いろいろ教わることが出来ました。とくに不屈の精神を教えられました。仕事は選ばないで、自分に来た仕事は全部こなす。
それが今、自分に期待されている事だし、それに答える社会的義務がある筈。その結果は必ず、ついてくる。その通りでした。
用途変更申請から、消防設備の補助金申請、病院の改装、耐震適合証明書の取得作業、特殊建築の定期報告、もちろん個人住宅から老人ホーム、共同住宅、店舗の設計作業等ガムシャラにさせて頂きました。
いろいろ、守備範囲が広くなったので、最初頭の中が混乱するかと思いきや、意外にそうでもないものです。同じ一直線に並んだ設計作業上のほんの小さな枝葉にすぎませんでした。一番重要なことはどんな建築も、住宅設計の考えが基本にあると言うことです。そしてクライアントに、喜んでもらうこと。クライアントに、感動より感謝の気持ちを与える事が出来たなら、その時が、私にとって一番の至福の瞬間です。
そして今年は、ふるいお客様との再会も、嬉しい出来事でした。昔お世話になったお客様より連絡を頂きました。いずれも、いきなり設計のご依頼でした。5年以上も連絡を取っていなかったので、本当に懐かしい思いがしました。
そして当時の、私のお客様への姿勢は正しかったのだと証明することができました。
常に弱者側に立ち、専門知識のないお客様に自分の目線を向ける。(そのせいで会社にはご迷惑をおかけしました)
その姿勢だけは今も昔も、変わりません。
見て見ぬふりや、特にいじめ問題が横行した今年ですが、大勢の意見に流されない孤高の精神教育が今こそ、重要だと感じました。 医師や建築士や弁護士など本来の士業(武士道)の精神は、決して軸がぶれてはいけないし、偏った判断をしてはいけません。専門家は孤高にならなければいけません。
「利休百首の第1首」 これこそが自分を大きく成長させてくれる師匠であり、答はまさに自分自信の内にあると言うことでしょうか
「その道に入らんと思う心こそ我が身ながらの師匠なりけれ」
[PR]
by sogatoru | 2012-12-27 18:52 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

また我が家に災難が

自民党が圧勝し、日本経済にも明かりがともり始めた日、我が家にとって、もっと重大な問題が発生してしまいました。両親と親戚が病気でトリプル入院してしまいました。
これは結構、深刻で、母親がまず2週間前に入院し、開頭し、脳の右側頭部を手術しました、それを心配した父親がさみしさを紛らわすため、深酒してしまい、転倒し頭を打ってしまいまた入院です。それを心配した叔父が、病院まで自転車で行く途中、また転倒しました。
不思議なことに、三人とも同じ、右側頭部に損傷です。やはり夫婦、兄弟だなと妙な縁を感じます。
この漫才のような、出来事のために私が毎日のように病院に行くありさまです。
担当医師は手術風景をビデオで説明してくださいました。
それはまるで、これぞゴッドハンドと言えるような神業でした。
脳を10円玉程度、開いて細くて小さな金属の道具を用いて、10cmほど奥にある神経の手術です。3時間もかかる内容です。
おりしもTVでドクターXを見て感動してしまった私にはドラマが現実になったような錯覚さえ覚える、臨場感ある出来事でした。しかし残念ながら米倉涼子ではありません。初老の男性です。
医師の説明を聞くにつれ、同じ高度な専門性を有する士業として、同業相哀れむではないですが、同じ感情を抱く事がありました。(お医者様に対し恐れ多い話ですが)
それは、手術の前に行うたくさんの書類への、同意書やサインです。
医師がぼそっと、つぶやきました。
「昔は、先生にすべてお任せします、で済んでいたんですが・・・・・今はそう簡単にいかないんです。」
同じ士業として、その気持ちは多少解ります。あとで、裁判にならないように、もめないように、事前に、対処しておきたい部分なのでしょうけれど、しかし、逆にそれが、お客様との信頼関係に水をさすことになりかねません。
簡単に言うと、失敗しても、怒らないで、訴えないで と言われても素直に「はい、承知しました」と言える人はいません。そんな書類にサインすることの方が不自然です。
設計をしていて、直面しますが、施主が素人判断で、進めてしまう部分に、よく落とし穴があります。任せる事が出来なくなってしまった人が増えている気がします。情報過多のせいか、専門家の意見より、ヤフーの知恵袋の方を優先してしまう。またそういう人に限って問題が発生すると、「なぜ教えてくれなかったんですか?」となる。
専門家も、もっと説明責任を果たす必要があると同時に、ドクターXみたいに「私、絶対失敗しませんから」と言えるくらい技術を磨かないといけない。
そういう風に自民党にも期待したい。
[PR]
by sogatoru | 2012-12-17 17:34 | 独り言 | Trackback | Comments(1)