<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いよいよ完成します。あとわずかです。

d0153211_2038676.jpg

市松柄が目立っています。それ以上に、スカイラインを平坦にしたくなかったアイデアが見事に的中したというか、イメージ通りに出来上がった事に感動しています。
閑静な住宅地に、これだけ水平に横に伸びた大規模な高齢者施設が建設されるイメージはバルコニーがないと箱的になり、工場のようになってしまい退屈なものになりがちです。
私の選んだデザイン方針は、スカイラインがビル建築のように水平になり、単調にならないようにしよう、周辺の木造2階建てのこう配屋根(切り妻、寄棟)に圧迫感を与えないように、工夫すること。勾配屋根のある2階建て建物にしてみよう、かつ、施設ではなく「家」「住まい」となるべき装いとすることでした。
ワンスパンごとにそれぞれ、三角屋根ごとに色(タイル)を変えて、小さな家が集まったような当初案からはだいぶ変容してしまいましたが、設計者の意図は多少なり汲み取ってもらえたこと、実現出来させていただいた事を感謝し、喜んでいます。
d0153211_20384441.jpg

[PR]
by sogatoru | 2013-06-19 20:38 | デザイン | Trackback | Comments(0)

ペンシル住宅(地下1階+地上3階+屋上付)ようやく上棟 

d0153211_1141099.jpg

以前ブログで紹介した、狭小住宅がようやく上棟しました。施主(友人)のプライバシーを守るために、物件の詳細は話せませんが、思った以上に面倒な建物でした。まだ工事途中であることが一番の不安です。この先何が待ち受けていることか!
当社の新人担当者の勉強になれば!と思い、設計料無料で引き受けましたが、俗に言う、まさに、ただより高いものはない、でした。笑
実はこの上棟は2回目の上棟です。1階土間への雨水の進入防止対策を考慮し、私が1階の基礎の高さを100上げる指示をしたのが現場に伝わっておらず、上棟翌日、いったん骨組みを撤去し、工場へ再搬入し、再加工し、再び上棟です。建築歴30年の私も初体験でした。
それでかかった費用が50万です。当社の負担です。笑うしかありません。(アニマル浜口風に) 施工会社の担当者が当社をだいぶ可哀そうに思ってくれたのか、かなりデイスカウントしてくれましたが。
基礎の高さはそのままでも良いと思えばそれでも済む内容の話ですが、私の信条「問題の先送りはしない」その信念を曲げることが出来ず、やり直しを決定しました。
それと教育上の問題もあります。私が指示したことは絶対に守らせる、担当者には固い決意と責任と覚悟をもってほしい。
マイナスな要素こそ、ミスを明確にし、引き返す判断と勇気を持ってほしい。
そして、仮に間違ったら、「すいません」と素直に言える人間になるように。
謝れない人間は反省がないので成長しません。
今回は「すいません」と言ってくれたスタッフを褒めてあげたい。
[PR]
by sogatoru | 2013-06-01 11:42 | プロフィール | Trackback | Comments(1)