<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我が家から、またひとつ、コンテナガーデンが、嫁ぎます。

d0153211_150378.jpg

我が家から、またひとつ、コンテナガーデンが、嫁ぎます。さみしいですが、嬉しくもあります。
先月まで、雪がふったりし、寒い日が続いていましたが、最近急に暖かくなってきました。
そのせいか花屋さんにいくと、お花の品ぞろえが豊富になってきました。わくわくする季節です。
今日は久しぶりですが、我が家の玄関先のお花の手入れをしました。久しぶりにガーデナーになりました。
同時に、来週、完成する建物の、竣工記念として、私がデザインした寄せ植えを差し上げようと想い、少しお花を加えました。
私のプレゼントする寄せ植えは、時間がかかります。いいえ時間をかけたいのです。
この男っぽい寄せ植えは昨年暮れに購入し、主木となる南天、そして添木になる千両、万両、を植えておきました。そして、ある程度、根付くのを見届けてから、プレゼントする直前に、季節のお花類を植えて完成となります。ですから3カ月くらいはかかってしまいます。
差し上げるのは来週末です、今日お花を加えましたが、来週まで、まで約2週間あります。この2週間の間にさらに愛情をこめ、お花の管理をします、そして完全に安心できる状態になってから差し上げます。この間だけは、お別れを惜しみながら、私は一人眺め、楽しみます。別れがあるから、この時間を大切にできます。一期一会。
[PR]
by sogatoru | 2014-03-24 15:01 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

瑞江の区画整理地内に建つ現場がいよいよ工事スタートします。

d0153211_9344239.jpg

今日は、追加金額のご説明会でした。気の重い打ち合わせでした。
今、昨年の9月末の消費増税の駆け込み契約案件の問題がピークをむかえている。
いろいろ知り合いの設計事務所に聞いても、どこもかしこも同じような悩みを抱えている。
工事費で、型枠も鉄筋もすべてにおいてこの半年で上がってしまいました。
その上がってしまった工事費の処理が大変です。
施工会社はもちろん追加として認めてもらいたいのだろうが、
賃貸事業の場合、施主側も、収益性の悪化に直結するし、死活問題になる。
すでに請負工事契約を済ませているから、厄介になる。この両者の溝は簡単には埋まらない。
特に型枠工事費の上昇は異常である。半年前には4000円/㎡台前半だったものが今、6000円/㎡を超えてしまいそうな気配である。
間違いなく、いずれ近いうち、良心的な型枠屋とそうでない型枠屋がふるいにかけられる。
単価を吊り上げ、条件の良い所に、移り変わるような業者は必ず消えます。そういう業者でもいいから使おうとするゼネコンのモラルも問題だが、悪い心根の業者は時間とともに淘汰されてくることを期待したい。
人と人との関係はお金だけでつながっている訳ではない。歴史のある古い施工会社には長い付き合いの業者がいて、単価は安定しているものです。熟練の職人がいて、親方との絆も強く、たった半年間で、資材が高騰して、お金が合わないから請けられないなど、あり得ない回答になる。
20年30年の付き合いになると、一時的なお金のより、縁が切れる事の方が恐いはず。
志の問題もある。お金が目的だけで働いている人と、自分の仕事に誇りを持っている人との、違いは、必ず、建物に現れる。
そういう志、信念は、人から、人へと、伝わるものです。
魂とか、気合とか、根性だとか、昔から、目に見えない、力の例えとしての隠喩の言葉があるが、今の時代に一番必要なもののような気がする。
[PR]
by sogatoru | 2014-03-18 21:00 | 独り言 | Trackback | Comments(0)