<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

小保方さんに泣いてしまいました 

d0153211_172114.jpg
年のせいもあると思うが、私はかなり情のある人間だと思う。
感動したり、哀れに思ったりすると、とたんに涙があふれます。
先日も、竣工パーティーでつい感極まって泣いてしまいました。(恥)
今日テレビを見ていて、小保方さんと一緒に泣いてしまいました。共鳴してしまいました。下品ですが、顔だちからして、可哀そうになってしまいます。
   ・
専門性の高い仕事をしていると、粗雑になってしまう部分がでるものです。
論文が得意だから科学者になったわけではないので、それをサポートするために会社組織があるのではないでしょうか?
私もデザインが仕事ですが、図面作成が得意なわけではないし、設計主旨を文章にまとめるのが得意なわけではないし、パースや模型が得意なわけではない。
専門職といってもそのテリトリーはとても広く、すべてにおいて完璧を求められても無理なものです。
確かに小保方さんはまだ30才、若い、これからの人間だし、ここでつぶしてしまうのは、日本の未来にとって、もったいない。なんとかして活かしてやってほしいものです。
多少、ミスをしたり、悪い事を考えてしまうものが人間というものです。それで大人になっていくものです。大人は、若い人に対して許す気持ち、寛容な心も大切です。
日本という国の体質なのか?マスコミの体質なのか? 一度ミスすると再起不可能、才能をつぶしてしまう傾向が強い。
佐村河内さんだって、いい音楽を残したのに、おそらくもう再起不能でしょう。
これからは、正々堂々と自分の名前を名乗って音楽を作ればいいのに、と思います。それが社会のためになるのではないでしょうか? もし名曲が出来たら音楽の世界にとってもプラス、また人生に失敗した人にとっても明るい希望になります。
良い部分とそうでない部分と、整理し、それでも前に向かって進むことが大切、薬と同じで、作用と副作用をうまく、付き合い、使い分けることができるといいものです。
[PR]
by sogatoru | 2014-04-10 17:14 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

日本橋小伝馬町ビルの現場の初顔合わせ会をしました

d0153211_18131853.jpg

d0153211_1810271.jpg

着工してもうだいぶ時間がすぎてしましました。基礎が完了しました。
もっと早めに行うべきでした。反省しています。人と人との関係をうまくつなげるのが私の役目です。
施主と施工会社がギクシャクしていては、良い建物はできません。
この現場がそうだという訳ではありません。笑
一般論で言いますが、お金の面では、両者は利害が相反します。良いものを安く仕入れたい施主、と、良いものを高い金額で受注したい施工会社。
しかしお互いに良いものを造りたい気持ちは一緒です。必ずどこかに一致するところがある筈。
お客様も感動して喜びたいし、施工会社もそう喜んでもらいたい気持ちは同じ。
毎回定例会議を行い、建築会社、電気・設備会社、設計・お客様と打ち合わせしますが、現場が進んでいくと、時間もお金も足りなくなっていき、変更も難しくなります。減になる工事は安くて、追加になる工事は高くなる、これは仕方のない事と私は理解していますが、一般のエンドユーザーには納得しがたいものです。施工会社も下請会社と何度も、ネゴ交渉を重ね、グロスでまとめて取決めしたわけですから、変更するとその前提条件が変わってしまします。最初、見積もり金額に1万円で入っていたものが、無くすと7000円になってしまう。
本来1万円を値引かないといけないはずなのですが、契約時に、かなり大幅な出精値引きをしてしまっているのが原因でそうなります。利益の無い現場ほどそうなります。
そんな会話ばかりが先行していると挙句の果てに「裁判」というイヤな結末が頭をよぎります、それでは良い建物が出来なくなります。それは最悪な事態。そうならないために私のような役割がいます。大変、難しい立場です。大組織の設計部の人が、気楽で羨ましいと感じます。
解決法は特にありませんが、ウエットコミニュケーションしかない訳ではないですが、かなり、有効な手段には違いありません。まずお互いに相手のことを良く知る。そこから始まります。
というわけで、ふた月に1回は呑みニュケーションをすることに決定しました。
左側の設備担当のおじいさんが70才超えで、311の時に偶然にも福島にいて、津波に追いかけられ、命からがら逃げられた話、悲惨な光景を目にしてもなお線量計をぶら下げ福島に残ろうとする気概に感動しました。これで定例時、居眠りしていても許せる気持ちになりました。
[PR]
by sogatoru | 2014-04-04 18:09 | プロフィール | Trackback | Comments(0)