<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プロフェッショナルサービス


あっというまに2月も終わり
しかし、今月は良い出会いがあった月でした。
7年ぶりに会った古い後輩(友人N)を介しNの同級生で、出合った業者さんOさん。また10年ぶりくらいに突然、連絡があり、久しぶりにお会いする事が出来た懐かしい業者さんFさんMさん。いずれも設計のお仕事のご依頼でした、こういう嬉しい出来事に感謝だし、感動だし、生きていて良かったと思える2月でした。もちろん最高の出来栄えを期待されてのご依頼なのでその期待を裏切らないように全力で設計しますが。
古い知り合いからの連絡で、またお仕事が出来ると言うことは、私の過去のお仕事が評価されてのものなので、嬉しい限りです。
私がお付き合いさせて頂いている、お客様のほとんどが、リピーターです。それだけで食べていけているのだから幸せですが、少しずつ、新しいクライアントが開発出来ている事の方が精神的にも健康です。
常に良い仕事をする姿勢を、プロフェッショナルサービスとい言います。
我々に必要なものは、紙と鉛筆と、人間(能力)だけです。専門家とは、意見の言える人のことです。お金とか、圧力とか、に屈せずに物言える人達のことをそう呼びます。
リピーターがいると言うことはまさにそれが実践されてきたかどうか?ではないでしょうか。今回の出合いはその証ととらえ、さらに一歩前進しようと思いました。
自分は、必要と求められると俄然、パワフルに変身できる人間性です。きっと設計者って皆さんそうだと思いますが、誰かのために何かをしてあげたい、奉仕したい、設計者とは自己犠牲の精神のある人でないと、なれない職業かもしれません。
助けてあげたいと感じる想いが強ければ強いほど、丁寧な設計作業になります。
案件の大小は関係ありません、模型やパースを何回も無償で造り直して提出する度に、こんなことはビジネスでは成立しないと感じます。それでもやらなきゃ!と思う。社会のため。
[PR]
by sogatoru | 2015-02-27 19:19 | 独り言 | Trackback | Comments(0)