<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

住吉君ありがとう そして お疲れ様でした そしてガンバレ

住吉君お疲れ様でした

d0153211_16274332.jpg

忘年会と送別会を兼ねて当社設計の

、地酒の美味い蕎麦屋「つだぬまや」にて盛大に一席設けました  

ひたしい間柄の友人や以前当社に在籍し、すでに退社したスタッフも飛び入りで参加してくださいました。

住吉は私にとって初の(弟子)卒業と言えます。もちろんデザインに終わりはありません。ですから卒業は死ぬまでありませんので、修行課程の修了証書を渡しました。「業」ではなく「行」です。

5年間はかなりつらい環境だったと思います。最近は土曜も休めるようになりましたが、それまでは日曜祭日しか休みが取れないありさまでした。

また今は千葉君や末吉さんもいてくれて空気も変わり、比較的、明るい環境になりましたが、それまでは暗い男に囲まれてて、会話もなく、この5年間は本当に苦痛だったに違いありません。だからこれからはどこへ行っても明るい未来が待っている筈です。今までがどん底だと思えば、なんにでも耐えられます。そういう意味で修業なのです。5年前に入社し、あの大震災を経験し、当社を取り巻く環境もだいぶ変わった時期でした。当時まだ28歳で学校は出たけれど、CADもうまく出来ない状態でしたが、今では、たいていの業務なら一人で担当出来るまでになりました。

実施図面も作成したし、確認申請も提出したし、模型もつくったし、いろんな経験を積ませたつもりです。

お客様との打ち合わせにも一人でいかせました。設計だけでなく、タップを習わせたり、デッサンの塾に行かせたりもしました。

5年前、自分の人生を変えようと必死で、居てもたってもいられなくて、地元の大阪をいきなり飛び出して、千葉県にやって来た。その引っ越し先から、私は面倒みました。

どこの設計事務所も即戦力になる人材を求めます。物になるかどうかわからない見習い生は遠慮しがちなものです。

飛び込みでやって来た彼を面談した時、彼の必死さがひしひしと伝わったので、私も意を決し、採用することにしました。言葉少なく武骨で、うまく自分を表現できない彼でした。ただ建築を学ぼうとする姿勢だけは真摯でした。

当時、当社も新人を入れる余裕などなかったので、週に3日だけのアルバイトで、残りの3日は知り合いの工務店で働いてもらっての2重生活からのスタートにしました。

どれだけ忍耐力があるか?まずそこからテストしました。

いろんな事件がありましたが、めげずに頑張り通した結果、今につながったのです。

これだけストイックな男も珍しいです。もう現れないでしょう。

私もさびしくなりますが、仕方ありません。お別れはまた始まりです。

第二の住吉君の誕生を期待し、新たな挑戦の始まりです。


[PR]
by sogatoru | 2015-12-29 16:29 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

泣いた、泣いた、下町ロケット


どんな難問にも必ず答えはある」「挫折を経験したことのない者は、何も新しいことに挑戦したことがない者だ」「技術は嘘をつかない」「会社の大小は関係ないんだ!」 熱意や情熱や真心が大切であり、本来の日本のお家芸である高度な技術、技を武器に世界に挑戦する佃製作所を自分の立場に重ね合わせて観ていました。電気式アイロンはエジソンが開発者だそうですが、その昔は炭火アイロンだったそうです。もっと簡単に、奥さんの仕事を楽にさせてあげたい、そういう思いやりが技術の向上につながるんだ!金儲けや買収しか頭に無いやつらには技術者の資格は無いんだ。と言う佃社長のセリフに感動です。

私の仕事であるデザインもある意味技術です。佃社長が言う技術をデザインに置き換えて観ていました。

会社の中味を見ないで(いやドラマ中の悪役らには見えないのでしょうけど)、大きさや体裁等の外見だけで、融資出来るか?開発が可能か?を判断するような銀行や、バカなお役所にスカッとお見舞いするラストシーンはとっても観ていて爽快で気持ち良いドラマでした。

ロケット研究者の道で失敗し、挫折はしたが、それで逆に、強くなっていく佃社長の姿がまぶしく映りました。

安倍総理にもつながる話ですが、人生一度失敗するくらいがちょうどいいと思います。

恋愛もそうだと思うのです、大失恋して、もう人生終わりだ、くらいにはげしく落ち込むくらいのエネルギーが無いと、人を感動させられるデザインなど出来ないと私は思う訳です。

d0153211_14372995.jpg

吉川晃司演じる財前部長のようなカッコイイ部長はそうめったにいません(私は会ったためしはありません)が、どんなに腐った組織の中にも必ず、少数ではあるが良心派はいます。良い道に進みたいと思っている人が必ずいます。ライバルだと思っていた人達の内の何人かが最後、味方になってくれるあたりが、逆に現実的だったりしました。それは佃社長や財前部長の捨身で戦う、熱い想いが伝わったからです。

「正義は我にありだ!」と言い放つセリフはなかなかテレビっぽいと言うか?嘘っぽいが意外に現実的なのかもしれません。

d0153211_14373187.jpg

忘年会で、昔の仲間と合って酒を酌み交わしました。同世代の仲間はほとんどが部長ですが、財前部長のかけらもありませんでした(笑)すべてが帝国重工副本部長(木下ほうか)です。(笑)


[PR]
by sogatoru | 2015-12-21 14:38 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

007スペクターも良かったが、この海難1890はもっと良かった

d0153211_16585425.jpg

呼吸が出来なくなるくらいに泣けました。脱水症状になりました。感動しました。

イランイラク戦争が始まった時(当時父、安部晋太郎が外務大臣でその秘書官だった現安部総理)に、今話題の安保改正(当時ポジティブリストのみで)が出来ていなかったため、まさしく議会を通さないと救援機すら出せない情けない国だった日本に対しトルコが125年前の恩を忘れずに、自国民のための救援機を日本人用として飛ばしてくれた。そもそもエルトールル号事件とはなんだったのか? それが解る今回の映画「海難1890」

そして、私たちの先祖は立派でした。誇りに思いました。

和歌山県の海沿いの村人達が、その日の食糧にも事欠く状態にもかかわらず、トルコ人を命がけで救出し、不眠不休で治療、看病し、日本人独特の誠心誠意で、真心を込めて対応した。500名以上もの方が亡くなった大事件でした。

そのことはトルコの学校の教科書にも載り、今でも親日国トルコとして存在し続ける理由となっているが、残念ながら、私は学校でこの事件を習っていないのはなぜなのでしょうか? 

これも戦後のアメリカの情報操作の仕業でしょうか? 徹底的に日本のプライド、愛国心、忠誠心、武士道精神を無くしていく教育の一環でしょうか?

戦時中、食糧もつき、弾薬も尽きてもなお突進していく恐ろしい人種は世界で日本人だけだと言われ、世界中から恐れられた日本国でしたが、敗戦国とし太平洋戦争の責めをいまなお受け続けている現状があります。

12月7日に忘年会(サン中央ホーム様)がありました。

d0153211_17280048.jpg
工藤会長が、74年前の今日、真珠湾攻撃でした、とはじまり、真珠湾攻撃の真実に触れました。決して奇襲ではなく、軍関係の施設のみを叩き、ハワイの一般人は対象にしていなかった真珠湾攻撃の真実、それと一般人だけを虐殺したアメリカの原爆攻撃とはどう考えても・・・・。

早く、まともな日本国にしていかないといけません。

日本人が困った時に他国に頼らないと生きていけない国にしてはいけません。

今回の映画がまさしくそれを物語っています。

国会前で「戦争反対」とシュプレヒコールを発しているシールズと言われる若い学生さんにはぜひとも観てほしい映画です。日本航空が、「安全が確保できない」と言ってイランに救援機すら出せない状態の時、トルコ航空のパイロットは全員が手を挙げてくれる瞬間には魂が震える想いでした。と同時に「日本が腑抜けで情けない」

これでは拉致被害者など助けられる訳がない。

もしこういう映画が、韓国、中国で合作できていたなら、もっと反日感情も薄くなるはずです。


[PR]
by sogatoru | 2015-12-13 16:56 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

全員参加型ブログのアンカーは コイツ

やっと満を持しての初ブログ参戦です。

まだかまだか?の催促の連続の結果、やく一月遅れでようやく完成したブログがこれです。

温かい目で、見守ってやってください

きっとそのうち、素晴らしい内容のブログが発表出来るように成長する筈です。



はじめまして、身長が低くて、童顔と言われる匠です。



もうすぐクリスマスということで、皆様浮かれているのではないでしょうか。



私も浮かれております。

なぜならば、竹内まりやの素敵なホリディ風に言うと



勉強が今年もやってくる。悲しかった出来事を思い出すように。さぁ、パジャマを脱いだら出かけよう!少しずつ憂鬱になる、休日を駆け抜けて



というわけで、何の勉強かと言うと一級建築士ですね。



土日は気持ち良いくらいの勉強日和です。温かい暖房とほんの気持ち程度の日光に当たりながら、日々、夢に向かって勉強しております。

写真から感じないでしょうか。この覇気を。ひたすら、構造計算しております。

構造計算を語らせたら、1日、いや2日間は語ることができます。楽しく勉強できる方法を誰か教えて下さい。

近況はこんな感じです。

d0153211_19171028.jpg


皆様、温かい目で見守って下さい。よろしくお願いします。


[PR]
by sogatoru | 2015-12-10 19:07 | プロフィール | Trackback | Comments(0)