<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良く出来ました 新小岩3完成 竣工パーテー

来月末になると、竣工写真をご案内できるのですが、先にご紹介しておきます。
d0153211_11493122.jpg

一昨日、オーナーからご招待いただき、高価な日本酒を頂き、意識酩酊してしまい、どうやって帰ったか?覚えておりません。
記念に撮ったオーナーと旭建設社長とのスリーショット写真も酔いのせいか、ボケてしまっています。
d0153211_11405472.jpg

今回、私のデザインであるダミエ柄の特徴は、ある意味、トリックアート(騙し画)です。それを、今日はテーマにブログをまとめます。
このデザインで心がけていることは、オーナーに喜んでもらたい(もちろんそれだけではないのですが)ので、小さい敷地でも建物だけは大きく見せようとか、設備配管をどうやったら隠せるか?ゴミゴミした環境でもすっきり見せたい、とか、いろいろな問題を工夫して解決したい、そして素敵な建物にしたいと願っています。簡単に言えば、女性のお化粧と同じようなものです。実物以上によく見せないといけません。あるがままではご納得していただけません。笑
室内で絵画を飾るのも、ひとつのトリックアートみたいなもので、殺風景な壁に、実際にはそこに存在しない、人物、風景などを描き、あたかも存在するように見せかけるわけですから!
そうやって雰囲気を変えるわけです。
しばらく(7年間)市松模様の外観デザインにこだわって、今回、10プロジェクト目にして、ようやく、少しだけですが、期待していたトリックアート的、様相を呈してきました。


d0153211_11442443.jpg

d0153211_1146816.jpg

市松模様をずっと眺めていると、ある種の錯覚に陥ります。これは、ビィトンのお店で感じたことですが、いろいろな角度から眺めていると、一瞬、立体感が無くなることがあります。
空間がゆがみます。前後関係だったり、均等感覚だったり、平行感覚だったり、脳がアレアレ~みたいになります。
目の錯覚です。その瞬間が妙な感じであり、脳が活性化している瞬間になります。この時、建築が一瞬だけ、現代アートに変わる瞬間になります。

一般に人には、難しい建築哲学より、わかりやすいものです。
d0153211_1142320.jpg
d0153211_11421487.gif
d0153211_11424750.jpg

ゲーリーの巨大な、魚や双眼鏡、ぐにゃぐにゃ みたいに、あらためて建築(デザイン)の力(存在感)を意識することが出来ます。
d0153211_11434235.jpg
d0153211_1143534.jpg
d0153211_1144310.jpg

[PR]
by sogatoru | 2016-07-25 11:44 | デザイン | Trackback | Comments(0)

青山繁晴さんが、船橋駅前にやってきた

まさかの、あの、大ファンである、青山繁晴さんが、船橋駅前にやってきた
d0153211_1805545.jpg

事務所に戻って、さっそく、私の会社のブログにのせようとしてパソコンを操作していたら、なんと見つけました
青山繁晴選挙事務所のFBで、船橋駅前(6日の午後16時45分)に、なんと私が載っていました。光栄です。
d0153211_181414.jpg

青色のシャツで、まぶしいので右手で日よけしている小太りの男が私です。
暑かった  まぶしかった  大勢の人がいたにもかかわらず、一人一人に握手、サインをしてくださいました  ありがとうございました  私の人生における「生きる意味」の励みにさせていただきます
青山さんの本で2冊目のサインを頂戴させていただきました 
d0153211_1811449.jpg

[PR]
by sogatoru | 2016-07-06 18:01 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

偶然にも安倍さんと握手ができました

安倍さんが津田沼駅前にやってきました
d0153211_1543053.jpg

私は人ごみが嫌いなのです  
一種のパニック障害で、囲まれたりすると急に息ぐるしくなります
それに今日は暑すぎます。少し離れたところで、交通標識の看板の日陰になるところで聞いていました。
安倍さんは話が終わったら、駅の方へ、ペデストリアンデッキにいる私の方に向かってきました。
d0153211_155552.jpg

もとえ太一郎参議院議員の応援演説でした。もとえさんは弁護士ドットコム設立という輝かしい経歴の持ち主で、若い実業家でもある。
安倍さんも、もとえさんも、憲法改正について、移民問題や、日韓合意について、日増しに増える中国空軍の戦闘機による挑発行為について、等々、個人的に聞きたい内容は山ほどあるが、民新党の批判ばかりで、興味の沸くような、具体的な話はあまり無かった。ダッカのテロ事件の翌日でもあり、日本人の犠牲者が出た後ということもあり心中察するものがある。
もとえさんは、どういう政策なのか? HPには「5つの政策」とあった。弁護士ということですが、憲法改正についての政策はかかれていないがあきらかに賛成派でしょう。しかし賢く、慎重派なので、インタビューでも「今は国民の声が大切であり・・・・」と差し障りの無い賢いコメントに徹している。通したい法案があるなら「はっきりこうしたい」と言ってほしい。
今日の街頭演説では、お決まりの白い手袋をしてた。その後の聴衆者との握手でもそうだった。しかし安倍さんは素手だった。あたたかい手でした。汚いとか腫れるとか?関係なく素手で握手してほしいと思う。私の汗ばんだ手には、まだそのぬくもりが残っていて、単純にうれしい。
[PR]
by sogatoru | 2016-07-03 15:05 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

青山繁晴さん 応援しています

参議院選挙が盛んです
先週、船橋駅前に安倍総理もやってきたし、岡田さんもやってきました。また明日は津田沼駅前に安倍総理がやってくる
参議院選挙ってわかりにくいです 比例区に政党名を書いてもいいし、個人名を書いても良いとなっている 衆議院選挙にはそれがない つまり参議院選挙のみが全国区になるしくみになっている 
話は変わるが、S社からのお歳暮のお返しのはがきを紹介します。
d0153211_1035858.jpg
 「尖閣も竹島も日本の固有の領土」と教科書に書かれたと書いてあった 私はこのような話は学校では教わらなかったし社会人になって初めて聞いた話。  またラジオ番組で昔、台湾の李登輝元総統がお話した内容で、「蛍の光」には4番まである事を知った、戦後2番までしかなかったことになったとのこと  当然、戦後生まれの私に知るよしもない 
千島の奥も、沖繩も、
八洲(やしま)の内の、護(まも)りなり、
つまり、千島列島の奥も沖縄も、日本の国土の守りだ。ということです
なぜ、私の世代は教えられないことが多いのか? 自虐史観と呼ばれる戦後教育の刷り込みなのか? 
ずっと拉致問題も未解決のままだし、 小泉総理が5人だけ取り返してくれてからもう何年たつことやら  私も新潟の出身だが、ほぼ同世代の横田めぐみちゃんは13歳で拉致され今年もう52歳になります  気の毒でならない  数年前、佐渡に旅行した際、同姓の拉致被害者曽我ひとみさんと会って握手したが、 ごくごく普通のおばさんだった 何が人生を分けたのか? 誰のせいなのか? 
やはり今の時代に合った憲法に改正しないと、いけないでしょう。
とうとう先週イギリスがEU離脱となってしまい、アメリカのトランプといい、これも、世界が壊れ始めのスタートなのか?移民問題に悩むEU連合の成れの果てなのか?
民族優先主義というか自分さえ良ければいいという考えなのか? いつから他人のことを思わない世界感、人間感になってしまったのか? はたして日本(人)もそうなのでしょうか? 誰かのために、子供のために、お客様のために、奉仕することの喜び、武士道精神はなくなってしまったのでしょうか? 私は、命はより良くつながっていくことにだけに意味を覚えます。舛添さん問題でますます政治家に期待できなくなったし嫌われる政治家や興味のもてない政治にみんな嫌気がさし、無関心になるのも仕方ない。
 私も毎日観ている「とと姉ちゃん」が高視聴率らしいですが、戦時下の貧しい中での強い女性の生き方に共感するのだろうと思いますが、いまよりもっと身近に政治があった時代だと思います。
早くそういう、若い人にも政治や社会に興味、関心が持てる時代にして、子や孫に残してやってやらねば!
ふと最近こんな想いが強くなったが、その原因は、間違いなく、青山繁晴さんの影響です。「脱私即的」という言葉があります。意味は、「私心 を捨てて本来の目的に就く」という意味です
d0153211_10104258.jpg
関西TVのニュースでズバリ、ザボイス、虎ノ門ニュース等、3年前くらいからのファンです。 その青山さんがついに参議院に立候補した。今、選挙演説中です。数百人もの聴衆が集まります。これが民意というものなのでしょう。きっとダントツで当選するでしょう。 拉致問題解決、自前の資源開発、新しい輸出型農業、による強い経済つくり、安全保障や危機管理、祖国防衛、日本人の誇りを取り戻す教育等、(硫黄島を修学旅行先にする等々)、そして、新たに文春相手に、マスコミ改革が政治理念に加わった。
過去、青山さんが主催する独立講演会にもたびたび参加したし、当社スタッフにも勉強会として参加し、いっしょに考えてきました。  約5時間にわたる長い講演でしたが、中身の濃いお話でした。もちろん本もすべて読みました。 
3年前、ペルー日本大使館人質事件の真実を関西TVのアンカー(ユーチューブ)で観たとき、日本の弱さ、情けなさに、がっかりしたものです。これでは拉致被害者など取り戻せるはずもない。
本当のことを話しているときの人間は強い、目を観ればわかります。寄付や補助金、献金まみれの政治家には無い魂が感じられます。
真剣に、何とかしないと、このままでは日本がダメになる、そんな危機感からの自らを犠牲にしての出馬なのでしょう。
青山さんのよく言う、主役は国民だ、政治家は代理人にすぎない、この言葉にグイと引き込まれます。なぜなら、この場合の政治家を建築家に置き換えると、私の仕事にジャストフィットするからです。やはり、根底にあるものは誰かのために! です。
[PR]
by sogatoru | 2016-07-02 10:36 | 独り言 | Trackback | Comments(0)