建築視察ツアー第2陣も無事到着

建築視察ツアー第2陣も無事到着
d0153211_13421589.jpg

d0153211_13422817.jpg
d0153211_13441761.jpg

しかし残念なことに日本に帰ってきたとたん私は花粉症でダウンです
花粉の飛ばないフランスがうらやましいかぎりです
空の青さも、まるで日本と違っていました
子供の頃に見た青空が、フランスにはありました
フランスの空は最高にきれいでしたが、床は汚なかった。
犬の糞を何度、踏んでしまったことか!
綺麗な女性が、靴底の糞を拭いている光景も絵になりますが、においは消せません
今回コルビジェの建築視察が中心だったのですが、22年前に行ったコルビジェツアーの時と比べると、
やはり各建物の老朽化はかなり進んでいました
地震がないのが唯一の救いです
そして、なぜかスケールを小さく感じてしまうのはなぜでしょう。
やはり30代前半の時と違い、きっと私の感性が鈍ってしまったのでしょう
90年近くも経っている住宅建築があり、それを未だに、わざわざ日本(世界)から見学に行くツアーがある。
そのこと自体、驚きです。コルビジェは偉大な巨匠です
22年前のツアーの時、最終日下痢で行けなかった場所、世界初と言われる、鉄筋コンクリート造の建物、オーギュストペレのフランクリン街のアパートにも立ち寄ることもできました。
装飾的で、美しく華があります。100年以上も経過しているのに、今なお健在で、大切に使われているのが長持ちの理由でしょう
d0153211_13415520.jpg

完成したとたん、時間とともに価値の下がる日本の価値観とは比べ物になりません
古くて、歴史のある建物のほうが重要、貴重とされる文化に敬意です
しかもルーブルやオルセーでは、世界の貴重な美術品が手の届く距離で、身近で鑑賞できます
d0153211_13425441.jpg

オルセーのギュスターブクールベの絵画「世界の起源」では、同行の若いメンバーが興奮してしまい、困りました 笑  
d0153211_1692542.jpg

上野の美術館で鑑賞するのとは大違いです。そのあたりも芸術に対する考えの違いです、常に身近に芸術を感じることの出来る国です
d0153211_134441100.jpg
d0153211_13493960.jpg

やはり戦勝国の強みですね

d0153211_13495171.jpg
d0153211_13512982.jpg

[PR]
# by sogatoru | 2017-03-18 13:45 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

六本木ホテルPJ いよいよ始まる

d0153211_134646100.png

「投資は戦、お金は兵隊」
これは、今、当社が設計中の建物のオーナーである,野﨑義雄さんの本「サラリーマンでも1億円貯蓄できる不動産投資法」の中の言葉です  クライアントの著書なので当然読まなきゃ、と思いすぐに買いました。
20代からの不動産投資を薦めている著書です
他の人とは違ったリスクを背負うからこそ、 大きなリターンを得ることが可能になる
人と同じことをするのはラクな道ですが、あえて苦難の道を選べば老後は安泰だ。
まずは貯金をして、無借金で、アパートを持つ夢をかなえることが前提です。しかし
かなり修行僧のような質素倹約な生活を続けないとなかなか1500万円ものお金は貯まりません
その段階で、気がめいってしまい、私には無理だと諦めました。
株やFXに頼らず、こつこつ貯めることをお薦めしています。
しかしマイホームも欲しいし、自動車も欲しいし、美味しいものも食べたいし、旅行へも行きたいし、良い服も着たいし、やはり煩悩が.・・・・・・捨て切れません。
d0153211_1347769.jpg

ところで、設計中の案件は無事、確認が下りて、そろそろ着工します
六本木という最高の立地での、ハイレベルなホテル。いよいよ戦の始まりである
[PR]
# by sogatoru | 2017-03-02 13:47 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

コルビジェツアー無事帰国

d0153211_18534363.jpg

d0153211_18535461.jpg

d0153211_1854554.jpg

d0153211_18541648.jpg

d0153211_1048412.jpg

研修ツアー第一陣無事帰国
テロにあわず無事帰還してくれました。
今、六本木でホテルの設計中で、そのホテルの名前がルーブルです。クライアントからも一度は本物を見なきゃ!と言われさっそく決行しました。しかし全員で出かけて、テロにでも会うと一環の終わり。そこで2陣に分けて行く事にしました。
独立開業10年目、当事務所もようやく、海外建築視察まで出来るようになりました
決して、資金的にゆとりが出来たわけではありません
メンバー達の強い意思、熱い希望によるものです
「鉄は熱いうちに打て」といいます
若くて感受性の高い時に見たほうが良いのが建築視察だと思います
50歳になってからでは、ちょっと遅すぎると思うのです
世界は広いですから、若い時にいろんな建築を見たほうが勉強になります
私も34歳の時、2週間かけてコルビジェツアー行って来ました
当時、長男も生まれたばかりで、お金も無く、困ってスターツS戸社長に「お金を貸してください」
と嘆願しましたがあえなく撃沈されました  笑
まだ入社して3年もたたないのに、「お金を貸して、前借りさせて 休ませて」とはよく言ったものです、思いおこすとわれながら恥ずかしい。若気の至り。
それが若さだと、思いませんか? そんな建築青年には、もっと旅をさせて、学ばせないと!
今、私も一応、経営者ではありますが、そういう建築青年には、即お金かします。
と言うわけで、コルビジェツアー実行しました。
コルビジェは昨年、国立西洋美術館で、世界文化遺産に登録されました建物の設計者です
いい勉強になったはず。
お疲れ様でした
[PR]
# by sogatoru | 2017-02-28 18:55 | ニュース | Trackback | Comments(0)

雲の上の人、スターツ村石会長より、お水、を頂きました

スターツ村石会長より
お水が届きました
天然水 とわ といいます
d0153211_959489.jpg

財団法人 澄和
平和活動を目的とした財団を新しく立ち上げ、その記念すべき第1回受賞者が吉永小百合さん、中山きくさんです。
偶然にも、一昨年オバマさんより先に、広島平和記念資料館を見学し、沖縄に行っての白梅の塔を見学したばかりだったし、
資料館では吉永小百合さんの音声ガイドで感極まり、場所もはばからず大泣きしてしまいました。
白梅の塔のお話の件では、今参議院である青山繁晴さんの独立講演会で、白梅学徒看護隊の中山きくさんの話題がでて、これは行っておかないと行けないと、使命感(今、生きていられる感謝の想いから)に燃え、一昨年沖縄に行き、観光地としてのひめゆりの塔ではなく、真実の沖縄戦を知らないといけないと思い、海軍司令部壕跡に建つ『海軍戦歿者慰霊の塔』にある大田中将の「県民ニ対シ後生特別ノゴ高配ヲ賜ランコトヲ」の電文の石碑を見つけ、同じように涙したばかりだった。
先人の大きな犠牲があって今の平和があるという現実、真実の歴史(本当の沖縄戦)を学ばないといけません。
今年安倍政権のもと、教育改革で現近代史にページを割くので、ようやく一歩前進です。

本当になにもかもが滅茶苦茶になってしまう戦争。昨年上映された「この世界の片隅に」の映画でも普通の人の淡々とした人生の中に、いきなり戦争が始まるもののそれでも日常の生活があり、どんな理不尽な不幸があっても生きていかないといけない。そこまでして戦争する意味があるのか?と疑問をもつ、戦争がいかに悲惨なのか?そしていかにアメリカが酷いのか?。

村石会長の人生哲学になっている「和を以って尊しとなす」の大切さが身にしみてくる
戦後押し売りされたものではない日本古来の民主主義がすでにあった事実。国会議事堂は戦前からあった事実。
京都御所におられた時の天皇の住まいが本来の天皇陛下の住まいで、塀や堀などない姿が日本の真のエンペラーの姿だという事実。

今こそこの「和を以って尊しとなす」の日本型の民主主義が世界に必要だと強く感じます。

トランプやプーチンや習や金に、誰か説得してくれないものでしょうか?

追伸
澄和の事務局へ、御礼感謝のメールを送信した瞬間、まさに送信後5秒後の出来事です。
電話がかかってきました
事務局青柳さんからでした
感動です。 「エッ」って言うくらいのクイックレスポンス、すごい早いスピード感です。
これぞ、まさに、ザ・スターツのスピード感です。
「青柳です、元気!」
久しぶりに聞けてうれしかったです。
青柳さんとは同じ県人で、私が平成元年に入社する時の人事担当でもありました
そして退社する時も、引止めの面談をしていただき、とても、辛かった記憶があります
「最後まで一緒にがんばれずごめんなさい」
お互い、同じ年ですから、私同様に、きっと髪の毛も白くさらに薄くなってきたでしょう。
あの時、会社に残っていれば、もう定年の年になっています。(今は変わって60まで延長しましたが)
第二の人生のステージと言われてもピンときませんが、私も本業の設計以外に何か、青柳さん同様、世のため人のために役にたつ活動をするステージにあがらないとなぁ!と感じました
[PR]
# by sogatoru | 2017-02-24 09:59 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

夏見3完成!精神的に大変だった案件もようやく終わりました

d0153211_1834516.jpg

d0153211_18341798.jpg

d0153211_18342949.jpg

近隣でもめて、最終的には、市役所の調停、あっせんまで進み、さらに裁判にまで発展した案件です
私の仕事の中で、一生「調停、あっせんにまでいった建物」として記憶に残ることでしょう

それでも、そんなことに負けずにデザインだけは、挑戦的に、元気に納めました
普通ならへこんでしまう精神状態ですが、社会的生産品を残す使命感から、馬力をあげて、こん身の力をふるって、がんばりました
近隣の方に、疎まれて、それでも、この建物を世に送り出す責任がある。
自分がやらなくても、誰かがやります
なら、せめても、私の手で!

弁護士を入れての話し合いでは、
説明してもわかっていただけない、いや理解はしても、わかってもらえない、承諾してもらえない
つまり悲しい事に、平行線をたどる話がいかに現実的には多いことか?
近隣の方も、裁判になっても、結局、何も変わらなかったとしたら、絶望感しか残らないだろうし、それでも戦った達成感くらいはあるのだろうか?
両方が、ともに、精神的に、すり減らすだけの結果に終わる裁判。
私も、市が用意してくれた弁護士から「潜脱的設計」と揶揄された。これはのちに名誉な言葉にすり代えて理解することにしたが、都市部で暮らす家が、敷地に対し余裕で建てられるわけがない。
みんな、ぎゅうぎゅう詰めな設計の家ばかりである。お互い様なのです。
皆さん、斜線制限を駆使し、ケンペイ、容積、ギリギリで建てています。
しかし、共同住宅だけは、それではいけないと近隣の方は言う。
我慢する変わりに、せめても
目隠しフェンスをつけて!、カーブミラーをつけて!
もちろん住宅に比べたら、多少大きい建物なので、負担できる限りのことはしたつもりです
それでも、ご納得されたわけではありません
将来、少しでも、理解していただける手段は、やはり、第三者からみても、いい建築といわれるような、そんな建築を残すことしかない
それが我々に出来ること。
「出会うこと・表現すること・良く在ること」
建築家・ルイスカーンの言葉が身にしみる
[PR]
# by sogatoru | 2017-02-10 18:34 | 独り言 | Trackback | Comments(0)