人気ブログランキング |

完成披露パーティーで (船橋グランドホテルにて)

完成(汗生) 今あらためて思う、あの時・「自分」
今だからこそ・  あの時の悔しい気持ちを忘れないためにも記録に残そう

d0153211_16565653.jpg
この額に納められている写真の建物が完成したとき、私は正直何と言って、オーナーにお祝いの言葉を伝えたらいいのか、その適した言葉が想い浮かびませんでした。
当初は順風満帆に思えた事業も、ふたを開けてみたら、とんでもないことになってしまいました。
もちろんオーナーが一番大変で苦しくて、逃げ出したい気持ちだったでしょう。
私もどうしたらいいのか、全くの八方ふさがりの事態に、昨年の後半は、オーナー同様、眠れぬ夜を過ごしたものです。
施工会社倒産による工事中断という悪いニュースはあっと言う間に広まり、開設したばかりの私の事務所も、もう終わりだと悪口を言われたものでした。
当時、被害を受けた業者が死に物狂いの表情で、私の事務所にもやってきて、一時は私も共犯ではないかというような目線で見られたりもしました。
リーマンショックとやらで景気も急に悪化した時期でもあり、さまざまな災難が一気に押し寄せてきた感じがしました。
この海神のビルは、私の独立後の初仕事で、勢いをつけてくれた案件です。
一生懸命デザインさせていただきました。 
私の作品集には相当数の作品がありますが、載せていない建物も含めたら、おそらく100棟は下らないと思います。
しかし間違いなく、幕張本郷ビルと合わせて、海神のビルは一番苦労した建物になってしまいました。そして、一生忘れられない一番思い出深い建物になりました。 
20数年の建築設計一筋の中で、こんなに産みの苦しみを感じた現場はありません。
オーナーは、資金繰りに、本当に苦労されたと思います。 
その苦労に報いるために、私は何をするべきか? 何が出来るのか? を考えました。
ローコストが大前提で安全で工程通りに、そして品質の高い建物を創る。このあたり前の基本がいかに難しいかを改めて思い知らされました。
また食い散らかされた現場をどうやって、運営すればいいのか?に頭を悩ましました。
とにかく安心して後を引き継いでくれる現場監督を探しました。 後から解ったことですが、正直言って、詐欺グループが建てた建物だから、施工状態はお世辞にも良いとは言えないものでした。工事書類関係もおろそかで、何一つ十分にはそろってはいませんでした。下請けにまともに金銭を払っていなかったため、施工報告書も不十分な有様でした。私も多少の覚悟はしていましたが、現実は私の想像をはるかに超えた、お粗末な現状に困惑したものです。
そんな中での再スタートでした。
もう二度と同じ過ちは出来ない。剣が峰の境地でした。
不思議な話ですが、この建物がなぜ完成できたのか?を考えるとき、私の経歴である、長年設計施工の設計部に身を置き、そこで得た知識と仲間と・・のすべてが、この難局を乗り越えさせてくれたのだと考えずにはいられません。
思えば今まで私の年齢的な問題もあり、組織の中でいつも、大なり小なり、とりわけ会社で難しい設計をさせられてきました。 コストや法令や技術や近隣や・・・、さまざまな問題に追いかけられ、悩み、現場の問題を解決してきました。
当時、感じていたある建築家の言った「建築とは統合すること、関係つけること、組織づけること」の意味を今回まじまじと思いしらされました。
今、当時苦しんで悩んださまざまな経験が、この緊急の事態収拾に向けて、活かされ、そのおかげで完成出来たのではないかという実感がしています。無駄な経験は何一つないという証です。もっと言えば、この難局を乗り切るために、自分が今、ここに存在している理由なのでないか? 今までの苦労は、すべてはこのためかもしれない。
そんな使命感が私を突き動かしていた事をよく覚えています。
この建物は、私を含め7人の(監督)侍たちの汗と魂と涙と・・・・さまざまな想いの結晶です。 建物は我々が亡くなった後でも生き残ります。 
現場の責任者80歳を超えるNさんが言った言葉が印象的でした。
明日12月8日は「真珠湾攻撃」の日です。日本が対米戦争を始めた真珠湾攻撃から68年目です。戦争を始めることに何の疑いも持っていなかった日本人の犯した大きな罪と、その後の大きな不幸を生んだこの愚かな真珠湾攻撃の日を忘れないでください。
今回の建築で受けた真珠湾攻撃を忘れないでください。
最後に、ともに苦しんだいつも強気のマシンガンNが初めて見せた涙に、私もついもらい泣きをした。こんな仲間と一緒に仕事が出来たことを幸せに思います。
                      
by sogatoru | 2009-12-08 20:12 | プロフィール
<< また昨年同様、「大森田」で宴 久しぶりに会いましょうってことで >>