大多喜町役場ついに完成、見学会です。

d0153211_15402375.jpg

今日、大雨の中、地元建築士有志の会による、建物見学会に参加させていただきました。大多喜町役場です。3年前にプロポーザルのコンペで、千葉学建築計画事務所が決まり、施工は大成建設で、今月3月6日に竣工しました。
耐震改修と、増築棟の設計者、千葉学先生自らの、ご案内による、説明、解説付きでしたので、とてもわかりやすい見学会となりました。
d0153211_1541546.jpg

昭和34年に完成した旧庁舎は、今井兼次先生の作品です。ガウディのような建物の雰囲気があり、随所にモザイクがあり、全体的に彫刻的な建物です。
d0153211_15422043.jpg

途中、予算が足らず、規模をかなり縮小したり、VEの連続で、かつ大震災も経験し、かなりご苦労されたそうです。
実際に改修してみたら、残された図面と違う箇所があったり、その場で考えながら作りこんだ当時の状況が見えたとのこと。
私が質問した「今後の作風として今井先生からの影響は?」に対し先生は「町の住民との共同作業で、時間をかけて造っていった当時の建築のあり方に感銘した」と。
意外に、次回作から、壁面にレリーフとか、床にモザイクとか?いきなりガウディみたいになってもいいのではないか?と思いました。笑
[PR]
by sogatoru | 2012-03-17 15:42 | デザイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sogatoru.exblog.jp/tb/15586707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初めての異業種交流会 ぞくぞくと完成していきます。 >>