国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―

国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―


かつてない大きなスケール感での展示会でした

光の教会の実物大模型は、本物のコンクリ-トで作られていました 

d0153211_16441434.jpg
d0153211_16441439.jpg

学生時代からよく、建築の講演会やら展示会には行ったのですが、私の過去、最大規模の展示会になっていました

安藤先生は、多少私の歴史にも重なってきます

私が建築を志した時、「住吉の長屋」で学会賞を受賞し、その記念講演を聞きに行きました

まだ、当時、安藤先生も30代後半だったと思います

眼光鋭く、髪も黒くまだふさふさだったし(髪型)は同じ、今みたいに、面白い講演会というより、緊張感のある講演会だった気がします

当時、野武士と呼ばれた時代の建築家は皆さん怖かった

講演会場で、怒鳴ることがありました

高松伸さんはとくに怖かった

隣に座っていた学生が「建築にオブジェは必要なんでしょうか?」と質問したら「貴様は帰れ」と怒鳴られ、今にも殴られそうになったことがあった。

安藤先生にも都市伝説がいくつもあり、出来の悪い監督がハンマーで殴られたとか、いやスタッフが殴られたのだとか?・・・本当なのでしょうか?

あの当時、小住宅ばかり設計した建築家でしたので、今のような巨匠になれるとは想像も出来ませんでした。

ある講演会のことですがパネラーで、槙文彦先生、もう一人誰だったか?石井和紘生だったか?

東大で固められたアカデミックな建築の世界に突如、無学歴の変わった人間が入ってきたので、困惑している雰囲気を感じたのを覚えています。

当時雑誌をにぎわせていた有名な建築家は丹下先生、槙先生、磯崎先生、黒川先生、その他たいがいみんな東大出身でした。それは今も変わらない気もしますが。

安藤先生は六甲の集合住宅あたりから、だんだん大規模化してきて、そのあたりから安藤さんの講演会には冗談が入ってきて面白くなってきたのを覚えています

大阪弁だし、きっと施主打ち合わせ時でも、愉快なトークを交えながら、常に、楽しく、気持ちよくさせられる話術の持ち主というか人間力があったのだろうと思います

まったくの偶然ですが、3年前、TOTOビルのEV前で「オー」と手を上げ、私を誰かと勘違いしたときの、先生の無邪気な笑顔は、人として可愛いと感じました

30年前、清家先生が大好きで弟子にしてもらいたくて、手紙を送り、返事をもらって、あの有名な自宅までお邪魔したが残念ながら断られ、その後木村先生に5年間お世話になり、25年前、私がもし、結婚せず、生活のことをまったく考える必要がなければ、安藤先生か村野先生か、の門を叩いていたのではないか?と思う。

黒川先生のところは当時、給料をもらうのではなく、働きながら授業料を支払うという、今では考えられないことですが、これも都市伝説なのか?


[PR]
by sogatoru | 2017-10-10 16:42 | デザイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sogatoru.exblog.jp/tb/25843164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< コルビジェとアイリーン 日本の家 展覧会   国立近代美術館 >>