ライト設計の自由学園にて パーティー参加

d0153211_15552102.jpg
YKK主催の設計事務所交流会に参加しました

私より若い53歳になる手塚先生の探究心を知ると、われながら、自分はまだまだである、と自分の小ささにがっかりします

手塚先生が30歳で、独立したときはきっとバブル崩壊後のきびしい時だった筈。学校の先生をしながら、夫婦で、二人三脚で、細々とではあるが、良い仕事をすれば、必ずまた仕事をいただける筈だとの思いで続けてこられたという切実な気持ちは今の私にも十分理解できる。一度でもしくじったらおしまい、ゲームセットになるこの設計というこの仕事です。スタッフにも預けたいが、肝心なところは常に自分で決定していかないと大切な顧客を失うはめになります

数年かけてスタッフを育成すると独立していってしまう。その繰り返しがこの稼業。しかし、それゆえに先生と称されるのでしょう


[PR]
by sogatoru | 2017-12-08 15:55 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sogatoru.exblog.jp/tb/26214830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 早めの春がやってきた ようやく... 木更津ワシントンホテルがニュー... >>