年末のご挨拶 12月29日から1月4日までお休みいたします。

12月29日から1月4日までお休みいたします。

今年一年、皆様には大変、お世話になりました。そしておかげさまをもちまして、本当に今までで、最高、最良の年となりました

来月で、独立開業し、ちょうどまる10年がたちます。皆様には感謝感激雨あられ。

独立開業後のこの10年間、まさに人生、山あり谷ありの連続でした。

この10年前、リーマンショックに続き、事務所火災炎上、そして決定的な大震災時の、がけっぷち状態からよくここまで這い上がってこれたものだと思います。あっという間に、今年で、建築デザイン一筋で35年になりました

今こうしていられるのは、今まで、関わってきた人達のおかげです

会社人間だった頃の自分は、いい作品を残そう!いい建築とは?お客様に喜んで頂くためには?

それから、独立開業後のこの10年間の私は、常に、何かに戦い、奮闘し、あるいは耐えて、負けてなるものか!そんな気持ちの連続だった気がしています。(正直言って不安で眠れぬ夜もありましたが、今もそうかもしれませんが、自分の中にしまい込めるようになりました)

そして、10年たって想うに、毎年、年を重ねる度に強く想うのですが、今こうしていられるのは、自分を支えてくださった人達のおかげです。助けていただいたおかげです。しかっていただいたおかげです。つらい環境を与えていただいたおかげです。たとえば、三角スケールで叩かれたり、理由無くビールを浴びせられたり、徹夜で書いた図面の上からマジックでチェックされたり、徹夜で作った模型を朝一瞬で壊されたり、新入生が入ったにも関わらずなぜか5年間もお茶入れ、鉛筆削り、便所掃除に雑用係り、納得のいかない懲罰会議やら減俸、減給やら、エッーって言う突然の人事移動やら、不愉快な思いこそが今思い返せば、最高の教材でした。あの時、耐えて続けてこられたからこそ今の自分が在ります。

経験出来たからこそ、教えてもらったから今、理解できます、単純なことなのですが、恨んだり、憎んだり、時々殴ろうとしたりも考えましたが、そんな事では何も解決できません、約35年前、木村伝建築設計事務所で5年間お世話になり、その後20年間スターツというすばらしい環境で、いろいろ経験させてもらった事が今こうして自分が存在できているすべてです。悩んで耐えて続けてこられた事が自分の財産です。

「出会う事 表現すること 良く在る事」好きなルイスカーン(建築家)の言葉で建物の竣工時に記念碑で度々貼りますが、今想うに、常にチャレンジし、がんばって、耐える事、止めない限り負けや終わりはない。そういうことではないでしょうか?

今年、念願だった社員全員1級建築士合格もついに達成することができました。

8年前の西新宿ラビに続き、今年大規模PJ、「木更津ワシントンホテル」も無事完成することもできました。

業績も大震災以降ずっと右肩上がりで、来年も期待できる状態になりつつあります。

10周年記念事業として、来年こそは事務所本社設立に向けまい進する所存です。

今年一年大変、お世話になりました。ありがとうございました。

また来年も引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします
          ・
そして

d0153211_16011991.jpg
最後に、社員、協力設計事務所の皆さんお疲れ様でした


[PR]
by sogatoru | 2017-12-28 12:51 | 独り言
<< 新年(信念)  あけましておめ... 早めの春がやってきた ようやく... >>